1. 海との対峙

第1章学園島セリカ・ガルテン1海との対峙

夏休み直前の放課後、ほとりは美術室でコンクール用の絵を描きあぐねていた。

親友である原田友理がやってきて、絵を描けずに苦しんでいるほとりにある提案をする。

課題「海」

 ほとりは、肩まで伸びる髪の毛を後ろで一本にまとめて、立てかけてある画用紙と向き合った。

 美術室の窓は、ついさっき開けたばかりで、まだ蒸した空気が漂っている。

 おでこと首筋にじんわりと汗がにじむのがわかった。

 画用紙を前に、ほとりはため息をついた。

 暑さのせいで、なかなか絵を描き進められていないというのは、言い訳だった。

 椅子から立ち上がって、本棚から数冊の本を取り出し、机の上に広げた。

 何度も見つめて、知ったような青い海の写真をめくりながら、描きたい海を探す。

 しかし、いっこうに描きたい海は見つからない。

 想像でもいいからと、持った鉛筆を思うままに走らせようとしても、腕が硬直したように鉛筆は動かない。

 画用紙のあちこちには、黒い点が無数にあった。

 鉛筆を無理に動かせば、意思に反した線が引かれる。その線は、すでにいくえにも重なっていて、黒い波のようにも見えた。

 もう消すのも面倒になって、そのまま二ヶ月。鉛筆を画用紙の一点につけてははなすのの繰り返し。

 絵のテーマは「海」。ほとりには、とても重い課題だった。

 ほとりは、ため息を吐いて、腕をおろした。

原田友理

 ほとりは、校庭で活動する運動部の声を聞きながら、窓辺で日が傾いていくのを眺めていた。

「さぼってはいかんよ」

 わざとらしい女の低い声だった。

「友理」

 うなだれた体を起こしたほとり。

 まっすぐ長い髪をなびかせながら、風通しのために開けておいたドアから教室に入ってきた。

「さぼってるのは、ここにいない部員の方。私は、インスピレーションを得ていたところ」

 ほとりは、力なく言った。

 美術部に所属して、まじめに活動しているのは、ほとりだけだった。

 部員は他にもいるが、来たり来なかったり。来てもしゃべって何もしなかったり、いわゆるキャラクターイラストを描いている者もいる。

「生徒会、終わったの?」

 ふーん、と画用紙をのぞき込む友理にほとりが聞いた。

「えぇ。一学期のまとめと二学期の行事について話し合ってた。文化祭や生徒会選挙もあるから」

「それはそれは、大変ですこと」

「ほとりも手伝ってね。文化祭のポスターと立候補の推薦人」

「えっ、私が?」

「コンクール入賞常連のほとり以外に、誰に頼むのよ。生徒会でも概ねその方向で進んでる」

 ほとりは、一度天井を見上げた。

「ポスターはいいけど、推薦人って、演説するんでしょ。人前に出るのは、やだな」

「応援してくれないんだ」

 背を向けて言う友理の言葉は、わざとらしく冷たい。

「応援はするよ。でも」

「私のことをよく知ってるほとりに頼みたいの。まだ少し先だし、考えておいて」

 振り返った友理は、笑顔だった。

 ほとりは、好きな友理に頼まれては断れないと心の隅で思っていた。

「進んでないね」

 もう一度、画用紙に視線を向けた友理が言った。

「それでも進んでるよ。よく見て。黒い点と黒い線が増えてるから」

「点と線ね。絵にも見えるんけど、私には」

 友理は、方眉を上げた。

「まさか、そんなわけないよ」

 下書きにもならない、ただの描きあぐねている苦悩の線だ。

友理の提案

 ほとりが帰り支度をしている時だった。

「ほとり。せっかくの夏休みだし、いっしょに海に行こうよ」

 海の本を本棚に戻してくれた友理が、唐突に言った。

 ほとりの胸が一度強く打つ。ほとりは、固まったように立ち止まった。

「別に、ほとりを泳げるようにしようとか、海に慣れさせようってことじゃないの」

 友理がそう言ってきたのは初めてのことだった。ほとりが泳げなくなったいきさつを知っていて、それが今も続いていることもだ。

「次のコンクール、大きなコンクールなんでしょ。なかなか描き出せないほとりを見ていて、私に何かできないかなって」

 決して、友理は親切心を見せたいがために、そんなことを言ってくることはない。

 本気で自分のために言ってくれたことだと、ほとりは理解していた。

 ほとりは、一つ呼吸をして、緊張した面持ちで口を開いた。

「友理、ありがとう。でも、これは私自身で解決しないとダメだと思ってる」

 友理は表情を変えることなく、聞いていた。

「私と行くのが嫌だと」

「そうじゃなくて……」

 強く否定したほとりを見て、友理は微笑んでいた。

「夏休みに入ってすぐに祖母の家に行くことになってる。私が溺れたところでもあって、少し一人で向き合ってみようと思ってて……」

 一瞬間が空いた。友理は小さく何度か頷いていた。

「……そう。そういことなら、私は何も言わない。でも、いい絵を描いて欲しいな」

「うん、そうなれれば、いいんだけど」

 ほとりは、鞄を肩にかけて、教室を出ようとする。

「持って帰らなくていいの?」

 友理がイーゼルに立てかけられたままの紙を指差した。

「紙や道具は、家にもあるから平気」

二人は、学校をあとにした。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。