3.蝶の羽

理想水郷ウトピアクアの蝶第1章学園島セリカ・ガルテン3.蝶の羽

光に飲み込まれたほとりは、空から落ちていた。次第に迫る地面に、死を覚悟する。

そして、目の前に緑色に光る納屋で見た蝶が現れ、ほとりの背中にも羽が生えていた。

宙に溺れる

 ほとりは、光に飲み込まれた瞬間、納屋の床が抜けたように落下していた。

 ボーボーと耳元で空気が流れていく音が鳴り、目を開けるのもつらく、怖かった。

 そっと目を開くと、層になった雲が次々と、上昇していく。

 そのかわりに、眼下に青く広がった海がゆっくりゆっくり近づいてくる。

 パラシュートでもあればと、一瞬頭をよぎったがそんなものを身につけた覚えは当然ない。

 ほとりは、このまま海面に激突して死ぬんだと悟った。

 視界に緑色に光るものが映った。

 ――蝶。

 ほとりと一緒に落下しているはずなのに、ほとりの目の前を優雅に飛んでいる。

 蝶は死の象徴だと、本で読んだことを思い出したほとりは、もう死の世界に足を突っ込んでいるのだと思った。

 しかし、それは黒い蝶ではなかったかと思ったその時だった。

「うわっ」

 突風が吹いて、ほとりの体が大きく揺さぶられた。

 ほとりは、瞬時に、自分の体に違和感を覚えた。体をあおられただけではない。まるで背中で広げた布に風がぶつかったようだった。

 ほとりは首を後ろに回した。

 バサバサと髪が暴れる背後に、まるでキラキラと光を反射する水面が広がっているように見えた。

 これも死の世界の現象かと思いながら、その水面の縁をなぞり見ると、蝶の片羽に見えた。

 目の前を飛んでいた光る蝶と同じ形をした羽。

 薄い透明な皮膜の中には、水が入っているように、光を反射している。

 ほとりは、反対側に顔を向ける。そこには左右対称の羽があった。

 ――私の背中に、羽が生えている?

 いったいどうしてこんなものが、と考える一方で自分の状況が気になって、視線を下

に戻す。

 ついさっきまで広がっていた海の青がより青く、小さかった島がもう目の前にまで迫っていた。

 夢か幻か。生えた羽で空を飛べるならと、ほとりは背中に意識を送り込むが、羽は動いてはくれなかった。

 もうこのまま地面と激突して死ぬんだと、ほとりは思った瞬間、全身が冷たくなった。

 それが恐怖だとわかった。

 死ぬのが怖かった。

 地面と激突した時は、痛いのか。

 体はぐちゃにぐちゃになってしまうのか。

 考えれば考えるほど、冷や汗が出て、血が青ざめていくように冷えていく。

 次第に視界も白く見ずらくなって、意識が薄れていく。

 ――このまま気を失えば、きっと。

水を得た蝶

 耳元で暴れていた風の音が、遠ざかって消えてなくなった。

 意識を失ってどのくらいか、一瞬か。

 耳元の音が歪んだ。

 ゴボゴボと大きな気泡がいっきに上がっていく音。

 時が止まったように静かになった。

 目が覚め、目を開けていくと、ぼやーっとした視界が広がっていく。

 ひとつ息を吐くと、目の前をコポコポっと空気が昇っていくのを見て、後悔をする。

 空気のかわりに口に入ってきた水は、しょっぱかった。慌てて口を押さえると、ここが水中にいることを理解させた。

 地面との激突は逃れたが、今度は息ができずに溺死すると、ほとりはすぐに悟る。

 痛いか苦しいか、違いはそれだけで死ぬことには変わらない。

 水面は、遠くで光を反射してほとりを呼んでいるようにも見えた。

 ほとりはそこまで泳いでいける自身はなかった。足のつかない場所で、どうやって上がっていけばいいのかわからない。

 体を動かせば、このまま沈んでしまうのではないかと。

 しかし、水の中は、ほとんど流れはなく、ほとりは宙に浮いているようだった。

 ――く、苦しくない。

 意識が戻ってから、三十秒以上はたっているのにも関わらず、呼吸はしていないはずなのに、息苦しさがまるでなかった。

 体も軽かった。

 まるで空にでもいるよう。飛んでいるところを想像すると、ふわりと体が勝手に水中を移動する。

 水が、ほとりを避けているかのようだった。

 ほとりには、その原理がわからない。

 だが、自然と背中の羽が羽ばたき、魚の尾ひれのように、水を強く押し出していた。

 空飛ぶ妖精のごとく、魚になったかのように、ほとりは水中を自由に泳いだ。

 泳げない自分が泳いでいる感覚は、夢を見ているように不思議だった。

 だが、ほとりのいるそこは円柱に掘られた土壁に囲われていて、向かうは水面しかない。

少女蝶々

 ほとりは、外の光を揺らめかせる水面から、そっと顔を出した。

 宙に二人が浮いている。蝶の羽をゆっくりと羽ばたかせながら、ほとりは見つめられていた。

 辺りからは、女性たちの不穏な声が聞こえてくる。

 水が貯められた縁には、やはり数人の女性たちが集まっていて、ほとりを見ていた。その人たちには、蝶の羽はない。

「君、大丈夫?」

 宙にいた一人が、恐る恐る近づいてきた。長い金髪で、大人びている顔立ちの女性だった。

 ほとりは、どう答えていいか迷っていると、一瞬、上を黒い影が横切った。

「はーい、どいてどいて。ケイト」

 頭上から猛スピードで、黒い影が降りてきた。ケイトと呼ばれた金髪の女性が、すっとほとりから離れた。

 水面ぎりぎり、ほとりの目の前に、ふわりと舞い降りた。大きな黒い蝶の羽を生やし、黒髪の長い女性だった。

 ケイトとは違った清楚さのある大人っぽさをまとっていた。

「ようこそ、セリカ・ガルテンへ。私のシュメッターリング」

 彼女は、笑顔でほとりに、手を伸ばしてきた。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。