2-10.飛ぶ決意 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

2019 10/06
2-10.飛ぶ決意 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]
前書き

ほとりがミクロスに連れて行かれたところは、ステージの上の宙づりにされた通路だった。公演中に、マルコを連れて逃げろと言う。

ほとりは、通路の先端に立たされて、スポットライトを浴びた。

目次

お目付役

 薄暗い通路を進むに連れ、ステージで流れる音楽が、だんだん大きく聞こえてくる。

「いいか。これからお前さんを新しいフリークとして紹介する。

 適当に羽を見せて、マルコを連れて逃げろ。演出は、わしの方でしてやる」

「私が、ステージに出るってことですか?」

「そうじゃ。それが最適な方法じゃ」

「急すぎます。わざわざそんなことしなくても、裏から逃してください」

 ほとりは、立ち止まろうとしたが、ミクロスの底知れない力によって引っ張られていく。

「それができないから言っておろう。もし、裏から出たとして、フリークとして知られたお前さんは、さらにマルコに近づくのが難しくなるぞ」

「それは……」

 ――サーカス関係者は、必死に私のことを探すだろう。

「裏には警備がいるし、公演がない時はお目付役が、ずっとそばでマルコを見張っておる。それらすべての目を欺くには、公演中がいい」

「お目付役?」

「わしじゃ」

 ミクロスの顔だけが振り返った。笑顔だった。

「だったら、なおのこと、ララさんを説得して逃がしてくれれば」

「説得? わしがして何の意味がある」

 突き当りまで来ると、上へと伸びるハシゴがあった。

「ステージに出たら、マルコを説得するなりして、飛んで連れて行け。さ、こっちじゃ」

 ミクロスは、身軽にハシゴを登り始めた。

宙づりの通路

 ハシゴを登るのに躊躇していたほとりだったが、早くしろと、急き立てられハシゴを登り始めた。

 ほとりは、もう一度自分自身に、なぜここに着たのかを問う。初めて見たこの理想水郷を思い返した。

 一段一段上がるたびに、自分の思っていた理想は、ここにあっただろうかと、振り返る。

 ハシゴを登り終えると、宙吊りになった細い板の通路に立つミクロスから、手を差し伸べられた。

 その手を取ると、ぐっと引き上げられ、自分の動きで揺れる板に、しゃがみ込んだほとり。

「もし、マルコさんを連れ出せたとして、そのあとミクロスさんやサーカス団の人たちは、どうなっちゃうんですか?」

 ほとりは、ミクロスを見上げて聞いた。

「今の心配より、その後を心配するとはな、お前さん。お前さんが理想水郷を作ってくれるまでは、なんとかなるじゃろ」

「私の理想水郷……」

 ミクロスは、表情を和らげた。慣れたように揺れる宙づりの板通路を歩いて行く。

 ステージ裏からステージへと伸びていて、簡易的なロープの手すりを頼りに、ほとりもあとをついていく。

 真下のステージを見ると、フリークたちが水を飲むシーンを演じていた。

「まだ小さな子供が、自分の体を見せて、働かされている。フリークが生きて行くには仕方ない。

 こんな好奇の目に晒され続けて、鳥かごのような狭いところを飛ぶより、同じ仲間のいる広い空を飛んだほうが、マルコのためにもなる」

 ほとりは、ミクロスがまるでマルコの親のように見えた。

「長年面倒を見ているとな、この子には可能性のある道を進ませたいと思う。

 ここまで来てくれたのは、お前さんが初めてじゃ。

 だから、ワシは、お前さんにマルコを託したい。お前さんの行動力を見て、そう思った」

 ほとりは、誰かに影響を与えるようなことをしたとは思えなかった。

「じゃが、マルコがそっちへ行くかどうかは、お前さん次第だ。でも、お前さんの強い意志が、すべてその通りになるだろうよ」

 ミクロスは、強く頷いてみせた。そして、狭い板通路の端に寄ると、足下が揺れて、斜めになる。

「そろそろ、出番だ。わしの前に立て」

「え、でも……」

 不安定な場所で、もたもたしているほとりは、手をミクロスに引っぱられ、抵抗のたびに揺れる通路の先端へ追いやられてしまった。

「ちょっと待ってください、ミクロスさん。本当に、ここから、私、どうしたら」

「羽を出して、飛べばいい。マルコも飛ぶから一緒になって宙を舞え。客はしばらく静かに見ているさ。

 その間に、マルコを説得しろ。そしたら、わしが逃げ道を作る」

「えっ、そうじゃなくて、私っ」

「そうじゃったな、お前さんの名前を聞いてとらんかったな」

「浅葱ほとりです。いや、そうじゃなくて」

「名前、違うのか?」

「名前は、それなんですが――」

「浅葱ほとり。いずれ真の理想水郷を作る者として覚えておこう」

 ミクロスは、笑って見せた。

ほとりの飛ぶ決意

 ほとりは、飛べないことを言い出せずにいると、ほとりはスポットライトに照らされた。光を嫌うように客席から顔をそむけた。

「今宵、また水の犠牲者となった少女が発見された。人ならぬ姿に耐えられない少女は、その醜い姿を呪って、自ら命を絶とうとしていた」

 崖の上にいるかのような、ピューピューと冷たい風の音ともに、ナレーションが入った新しい演出によって、会場がざわついている。

 ミクロスは、スポットライトの当たらない後方に下がって、手で追い払うように飛び降りろと、何度も合図を出している。

 ほとりは、足元のステージを見下ろした。その高さに恐怖はなかった。

 フリークたちが小さく見える。もちろん、マルコもそこからほとりを見上げている。

 ――飛べないままでいいのか。

 ミクロスが言っていたように、思い一つで、ここまで来たようにほとりは思えた。

 彼女を助けるために。理想水郷を作るために。

 飛ぶことへの意思が弱いのかと思い直したほとりは、立ち位置を直した。

 肩の力を抜き、近い天井を見上げて目をつむる。

 ――私は、自分の羽で 飛びたい。飛びたいんだ。

 一度息を吐き、ゆっくり腕を広げ、足首を軸にして前方へ体を傾けていく。

 ほとりの体が傾くに連れて、観客がどよめいていく。

 確実に飛んでいるイメージと、ただ落下してしまう弱い意志が、心の中でせめぎあい、まるで時の流れがゆっくりとなったように、一瞬一瞬のことを把握できていた。

 空気が、頬を、耳元を、横切って、髪をなびかせる。

 真っ逆さまになったほとりは、手を首の後ろに回し、首筋を指でなぞった。

 ――この極限状態なら、きっと。

 ほとりの水のような透明な蝶の羽が、広がった。

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第2章 バックウェーブ・サーカス団の蝶々 11.蝶人の説得

2-11.蝶人の説得

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる