6-3.リョーヤの絵 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]

2019 10/08
6-3.リョーヤの絵 [小説 理想水郷ウトピアクアの蝶]
前書き

声をかけられて、ほとりが目覚めた場所は、黒い水が溜まるダム湖だった。

しかし、その場所一帯から抜け出すことはできず、一人で暮らす蝶人リョーヤと出会う。

目次

砕かれたガラス瓶

 ほとりは、仰向けで意識を失ったまま、黒い水面に浮いていた。

 わずかな波に流されて、岸に辿り着く。

「こんなところに人が……」

 離れたところから女の声。

 砂を蹴って、駆け寄ってくる足音。

 すぐ近くまできた足音は止まり、波がゆるやかなに打ち寄せる音が聞こえてくる。

 穏やかな水の上を漂っていると思っていたほとりは、はたと、それが夢だと気づく。

「ちょっと大丈夫?」

 ほとりは、現実世界に意識が戻るように、ゆっくり目を開ける。ほとりと同じくらいの年齢の少女に顔をのぞき込まれていた。

「気がついた? 大丈夫? どっからやってきたの?」

「え、あ……」

 まだ頭がはっきりせず、ほとりはゆっくり上半身を起こす。黒い水を含んだ服から、さーっと水分が抜け、本来の天姫の白い生地が蘇った。

「そういえば、私……」

 意識が完全に戻ったほとりは、先刻までの記憶がフラッシュバックし、慌てて、腹部を見返した。

 服に穴が空いていたが、お腹には一切の傷はなかった。

 ――刺されたはずなのに。

 肩に掛けていたガラス瓶の袋に膨らみがなかった。海で落としてしまったのか。しかし、袋にも穴が空き、ガラス瓶は袋の中で、粉々に砕けてしまっていた。

「そんな……」

 唯一、元の世界に戻れる希望が壊れてしまっていた。ツバメに刺された時に、一緒にガラス瓶ともども刺されたのだと、ほとりは気づく。

 しかし、どうして体には傷がないの、疑問に思った。

 ――もしかして、ここは死後の世界?

「おーい」

 振り向くと、少女にきょとんとした顔で見つめられていて、ほとりは、また我に返る。

 よく見れば、セリカ・ガルテンの制服を着た少女だった。

「ここは、ウトピアクアですか?」

「そうとは言えないかな。ま、こんなところにいるのもあれだから、こっちにおいでよ」

 彼女は、意味深な笑みを浮かべ、砂の上を歩きだした。

 ほとりは、水から上がろうとして、初めて辺りを見回した。

 そこは、山に囲まれたダム湖で、湖は墨汁が溜まっているかのように黒い。見つめていると、深い闇の湖に引きずり込まれそうだった。

 空は、薄雲ではっきりしない淡い水色の空が広がっている。まるで、天井に絵が描かれているように止まって見えた。

 ――ここはいったいどこ。

蜘蛛手良夜と絵

 案内された場所は、湖畔に建てられた手作り感満載の小屋。シリカの住処よりは、大きく立派だった。

 中には、描きかけの絵や作りかけの立体物ばかり。すべてが中途半端で、生活感はない。

「私は、蜘蛛手くもで良夜りょうや。あなたは、蝶人よね? ウトピアクアって言ってたし」

 窓際に出された小さな椅子に座ると、彼女が言った。

「はい。蜘蛛手、良夜……さん。もしかして、ニタイモシリにいたあのリョーヤさん?」

 ほとりが聞いた。

「えぇ、そうよ。あなたもニタイモシリに?」

「はい――」

 ほとりは、自己紹介とこれまでの経緯を話した。

 良夜は、特段、理想水郷やインボルクの浄火の話に興味を示さず、ただ静かに聞いているだけだった。

「でも、そこへ戻りたいんです。インボルクの浄火に、私が何かできるかわからないんですけど」

 ほとりは、刺された場所が少し痛くなったように感じて、手で押さえた。

「残念だけど、戻ることはできないよ。ここは時間が止まった場所だから。

 私はここにどのくらいいるかわからない。でも、私の姿がまったくかわらないからさ。

 それに、ここから出ることもできない。本気で出口を探したこともないけど」

 良夜は言った。山はどこまでも山で、抜けられる気配はない。ダムも形としてあるだけで、水を流す装置はない。張りぼてだとも言う。

「そんな――それじゃ、ニタイモシリにいたのは」

「昨日のことのようだけど、ずっと昔なんじゃないかな。少しすれば、いろんなことがどうでもよくなる。あきらめることを教えてくれる場所さ」

 良夜は、まるで人ごとのように答えた。

「ただ、ここに人が来たのが、ほとりが初めてだからさ。ウトピアクアのことなんて、忘れていたよ。

 私にとって理想水郷とか、最初からどうでもよかった。でも、ニタイモシリは好きな場所だったよ」

 良夜は、笑った。

「どうして、そこからいなくなったんですか?」

「新しい絵を描きに出たんだ。でも、描き終えてすぐ、私はたぶん、殺された。気づいたら、湖の上に浮いて、ここにいたってわけ」

「じゃぁ、私も……」

 ほとりは腹部に手を当てる。

「そうかもしれないけど、体はあるし、ここには何もないけど、それなりに自由に生きれるよ」

 ほとりは、深く息を吐き出した。

 視線を移した先に、描きかけの絵があった。

「絵は、途中なんですか?」

「んー、自分でもどうしたかったのか、わからないんだよね」

 白い部分が多く、筆のかすれた跡が目立つが、闇雲に引いたものではないと、ほとりには思えた。

 良夜とほとりは、その絵の前に立った。

「大事な物を閉じ込めたいはずだったんだけど、それがなんだったのか」

「出来上がった絵が見てみたいです」

 ほとりが聞いた。

「ここにはないんだ。ここで描き上げたものは一枚もない。

 誰も見ないし、描かなくてもいいやと思って、筆を湖に投げ捨てちゃった」

 良夜はあっけらかんと言った。確かに、筆が一本もなかった。

「完成作品が見たかったです」

「ほとりは、絵に興味があるの?」

「え、はい。絵を描かなきゃいけない時に、こっちに来てしまったので」

「そうだったんだ。無事に最後の絵が残ってるなら、セリカ・ガルテンに置いてあるはずだったけど。

 ほとりは、目にしてないのかな、炎と水の絵」

 良夜は、思い出しながら言った。

 ――炎と水の絵。生徒会室に飾られていた絵だ。

「それなら、見たことあります。あの絵、良夜さんの絵だったんですね。

 ということは、本当にずっと昔の……」

「だから言ったじゃん。それにあれは、描き残しておきたい光景だったからさ」

 ――本当に想像で描かれたものではなかったんだ。

「どうしたら、あんな生き生きとした絵を描けるんですか」

「今の私には、残酷な質問だな」

 良夜は苦笑いを見せた。

「筆があれば、描けますか」

「描けるかどうかはわからないが、ないよりは描ける確率は上がるだろうけど、描ける自信も保証もないよ」

「それじゃ、筆を探しましょう」

 ほとりは、笑顔を見せた。

Web連載小説「理想水郷ウトピアクアの蝶」第6章 理想水郷の蝶罪人 4.闇の底の希望

6-4.闇の底の希望

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次