2時間悩んでも、納得した一文物語ができなかった今日。区切りをつけて、また明日を楽しみに!

鉛筆を握るも何も書けていない

2018年10月9日の一文物語を作るのに2時間かかりました。

こんなに時間がかかることは、あまりありません。

長くても1時間、10分という短時間で作れる時もあり、そんなに悩むことはありません。

珍しいくらいに悩みました。

時間をかけたからと言って、納得したものができるわけではない

納得したものができたかとというと、全くそうではないのです。

「2時間かかって、これかぁ」と、ため息が出るほどです。

自分が納得できていないことが、一番モヤモヤしてしまいます。

気持ちを切り替える

5年間、一文物語を作ってきました。

時間をかけ、悩んだ日にできた一文物語は、経験上、納得したものはできていないことがほとんどです。

そう、こういう時は、区切りをつけてしまう方が良かったりします。

一文物語に関して言えば、毎日作るので、また明日、新作を楽しく作ればいいのです。

毎日作っていると、調子のいい日、頭が動いている日、閃く日、いろんな日がありました。

上手くできない日だって、あるとわかっています。

悩んだ時間、思考は、巡り巡ってくる

ただ、この悩んだ時間は、案外後になって役立つことがあります。

ここで思考したことが、いつになるかはわかりませんが、後日、考えたことと思わず繋がったりします。

さっと手放しておくと、巡り巡って回ってきて、良かったと思うことが何度もありました。

まとめ

創作をしていると、必ず上手くできないことにぶつかります。

そういう時は、諦めるという手段も必要かもしれません。

いっとき、手放すことで、肩の力が抜けて、案外、ふとした時にいいアイデアが浮かんだり、筆が進むこともあります。

悩んで自暴自棄にならず、それをどう突破するか、自分なりの技を持っておくと楽になります。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。