執筆進行観察記 #20

見開きノートの厚さ

今日は、10行書き進めることができた。

一昨日にも思ったけど、直接キーボードに打てる方がいいのかもしれない。

外出した時に、やはり手書きだとどうしてもノートを広げる場所が必要となる。
揺れも考えると、メモ程度しか手書きできないだろう。

スマホで入力するなら、まだ文章も幾分作れるだろう。

ただ、プロットがPCにしかなく、デバイス間で共有させる必要がある。

以前は、Evernoteを使っていたが現在は使っていない。
Scrivenerという執筆ソフトを使用している。

テキストエディターとしては、少し値段の張るアプリケーションであるが、
長文をまとめるにはとても良い。

このiPhone版を入れて、プロットも原稿も一元管理するべきか、
と思い始めている今日このごろ。

今日も書けました。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。