執筆進行観察記 #24

見開きノートの厚さ比較#24

今日は、14行書き進めることができた。

今日もこの時間になってしまった。でも、昨日よりは集中して取り組めた。

ここのところ、書いている内容が主人公が押され気味の流れで、自分も書いていて気持ちが押されている。

早くこのシーンを抜け出したいが、辛抱して進めていく。

 

執筆し始めて、24回目。
相変わらず、ページ数が稼げていないが、体は毎日執筆することに慣れだしている。

今日もやらねば、今日が終わらない、という心持ちになっている。

自然とノートを広げてペンを持つことが普通になっている。

習慣化、来てます。

今日も書けました。

見開きノートの厚さ比較#24




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。