執筆進行観察記 #28

見開きノートの厚さ比較#28

今日は、2ページ書き進めることができた。

昨日、本屋で立ち読みした本に、スティーブン・キングは午前中に執筆をしているのを見て、今日は午前中に30分、執筆をした。

お昼を挟んで、午後も30分ほど取り掛かった。

 

夜の疲れきった脳で考えるより、筆を進めなければならない変な焦りもなく、しっかり内容と向き合うことができた。

まだまだ序盤に位置する展開ではあるが、重要なシーンをしっかり取り組めたことにとても満足している。

執筆は、午前中にやっていこう!

とても良い感覚をつかめた!

 

今日も書けました。

見開きノートの厚さ比較#28



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。