執筆進行観察記 #40

見開きノートの厚さ比較#40

今日は、3ページと3行、書き進めることができた。

いつもの時間よりオーバーして書いていた。

区切りをつけるのが、中途半端だったので、書き進めていた。

しかし、書き進めたら進めたで、先のことを考えるとまた書き進めたくなる。

3ページを越えたところで、強制的に中断した。

 

これで思ったのが、長い時間書けるようになるのもいいが、書くスピードを早くしたいと思った。

長い時間と言っても、まだ1時間〜2時間程度だ。
もっと長い時間書くには、もっと集中力が必要になるだろう。ただ、ゆっくり書いていても執筆の向上はないと思う。

遅筆であることは、大いに認めている。
けれど、おそらく書くことでしかそれは向上しないのではとも思うので、日々書き続けていくしかない。

 

今日も書けました。

見開きノートの厚さ比較#40




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。