執筆進行観察記 #43

見開きノートの厚さ比較#43

今日は、2ページ書き進めることができた。

第2章の冒頭だったので、少し悩んでいた。

冒頭って、やっぱり気を使う。
いや、どの場所も気を使うが、冒頭は特に気を使う。

今作の冒頭もなかなか書けず、苦しんで、しばらく書けなかったことを思い出す。

今作の初めての章またぎの冒頭であり、どう書くのが迷っていた時間があった。

1ページ目の冒頭が書き出せなかったあの時に比べたら、大したことではない。

なんだかんだで、2ページ書くことができたのだ。

自分の文体

このひと月ほど書き続けてきて、自分の文体みたいなもの掴みつつあるような気がする。

まだ、はっきりとこうだということはできないが、自分が書きたい文章みたいなものがあるような気がした。

何かで読んだか、書く文体を持っていると、書き続けることができるとあった。

その意味がわかった。

書けなかった時は、どう書いていいのかわからなかったのだ。

書きたい何か、はもう決まっているはずなのに、どう書いていいのかわからない。

たぶん、自分がこう書きたいという型がまだなかったんだと思う。

今は、それが固まりつつある。

まだまだ不安定なところだが、登場人物と物語を進めていく中で、勉強し気づくことも多くある。

明日は、何に気づけるのだろうか。

 

今日も書けました。

見開きノートの厚さ比較#43



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。