執筆進行観察記 #65

見開きノートの厚さ比較#65

今日は、12行、書き進めることができた。

昼間出かけるため、出かける直前に執筆にとりかかった。
この時の集中力といったら、普段から発揮して欲しいくらいだった。

帰ってきてからやろうと思っていたが、思っていた以上に帰ってくるのが遅くなってしまったため、続きは書いていない。

テキストデータの入力もなしです。

本屋での出会いが創作意欲をかき立てる

出かけたついでに、半月かひと月ぶりに、本屋に寄った。

私は出かけたついでに、用がなくても本屋に寄る。
ホントの出会いを求めているのかもしれない。

その出会いがあって、また新しく小説を書こうと思わせてくれた本があった。

ただ、買っておらず、立ち読みで済ませてしまった。

このインターネット社会で、公開せずに発表しないまま作り続けていくのは、なかなか葛藤がある。
特に、今、手書きして書いている小説のことだ。
書いた以上は、読んでもらいたいのだ。

日々、アップしているのは、一文物語くらいだ。
だが、一文物語は一文なので、物足りなさ、理解されずらいこともあるので、違う作品を書きたいと思っていた。

その書きたい作品は、少し抵抗がある。
だが、今回であった本のおかけで、書こうと決意した。

ただ、その作品の方向性も好き好きがあり、理解してもらえないかもしれない。
それを含めて自分であるし、隠しておいたところでどうにもならない。
そこに、想像力を傾けられるのだから、力を出すべきだと考える。

こちとて、物語を書いてお金にしたい。
挑戦していなかったことに、挑戦してみようと思う。

作品詳細は、追って報告します。

 

今日も書けました。

見開きノートの厚さ比較#65



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。