執筆進行観察記 #67

見開きノートの厚さ比較#67

今日は、3ページ書き進めることができた。

書く内容はあらかじめプロットに落とし込み、決めてある。

だが、執筆をしていると面白いことに、プロットを書いている時には想像もしていなかった言葉を使って表現する自分がいて、時々驚くことがある。

何かを印象的に書こうという時より、ここは読者に強く感じ取って欲しいと思う場所にそういうことが起きる。

全文そういうふうに書けるほうが良いのかもしれないが、あるポイントにそれがあるから強く感じとってもらえると思う。

あとあと、自分で読み返しても、その箇所はやっぱり自分でも強く心に訴えかけてくるものがあった。

不思議だ。

単に考えたりないということもあるから、その場しのぎになってしまっているのかもしれない可能性も……。

心からの言葉だと信じている。

 

テキストデータ入力は、1,600字ほど入力できた。

今日も書けました。

Web小説連載中!

ファンタジー小説「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
泳げない少女が、予言の子として理想水郷を作る異世界に移動してしまう。蝶の羽を生やす妖精の力を得て、理想水郷となる島を巡って、この世界に隠された力を奪い合う争いに巻き込まれる。

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。