持ちやすく湯の出が良い急須は、阿久津茶舗の平形急須がオススメ!

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」

大の日本茶好きの水島です。
朝昼晩、合間合間に都度都度入れては、自室に持ち込んで常に飲んでいるような状態です。

両親がお茶をよく飲み、両祖父母の家にいけば、お茶が常にありました。
その環境のせいか、小学校低学年の頃から飲んでいたのでは、と記憶しています。
友達が家に遊びに来た時、急須でお茶を入れている姿に驚かれたこともありました。

お茶を飲まない日はないくらいの水島家ですが、お茶を入れるための急須にこだわりがあります。

  • 湯の出が良いこと
  • 注ぎ口から垂れないこと
  • 持ちやすい
  • 洗いが楽

頻繁に使うものですから、無駄な動作を増やしたくありませんし、ストレスなくお茶を飲みたい。

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」
平形万古白ハケ目/2〜3人用

水島家で使用している急須・阿久津茶舗の急須は、とても使い勝手がよく、上記の点をクリアしています。

湯の出具合と湯切りの良さ

まずは、どのくらい出が良いか、お茶を入れる動画を見てください。

大きな注ぎ口から勢いよく湯が出てくれます。
急須の中で広がった茶葉が、湯の出を邪魔をせず、抵抗なくお湯が出てくれます。
これは、お茶を注いでいる間、急須の中で茶葉が回転しているためなのだそうです。

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」注ぎ口

注ぎ終わった後、湯切りもしっかりされるため、ほとんど垂れることはありません。

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」

持ち手が長く、とても握りやすい。
動画も片手で急須を持って、もう片方の手でスマホを持って撮影しました。

茶こしは一体型

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」中 阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」中 阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」中

細かな穴の茶こし網は、注ぎ口の穴から底面全体に張ってあります。

この構造のため、湯を注ぐ際、茶葉が急須全体に広がり、湯の勢いを殺すことがありません。

急須の構造や仕組みについては、阿久津茶舗のサイトで、詳しく解説されています。

阿久津茶舗-新回転急須とは

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」中

一度、お茶を注いだあとの急須の中。

茶葉を捨てる際は、水を注いで茶葉を浮かし、三角コーナーに流してしまいます。
茶こし網は、外すことも可能です。

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」裏面

急須の裏側。

まとめ

湯の出が良く、注ぎ口から垂れず、持ちやすい。そして、洗いも楽な急須です。

普段使いで、使い勝手が良い「平形」という種類の急須がオススメです。

今回紹介した「平形万古白ハケ目」という急須は、2人〜3人用ですが、1人の場合でも大きめな湯呑み茶碗を使っている人は、むしろこのサイズがちょうど良いです。

もっと量が多いという方には、4人〜5人用もあります。
こちらも湯の出の勢い、持ちやすさはいいですよ!

有限会社 阿久津茶舗 – Yahoo!ショッピング

阿久津茶舗の急須「平形万古白ハケ目」




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。