Apple IDの変更で、1度使用していたメールアドレスは、使用しない期間を1ヶ月空けると使用可能になる!

2019 7/31
Apple IDの変更で、1度使用していたメールアドレスは、使用しない期間を1ヶ月空けると使用可能になる!

Apple IDに使用しているメールアドレスを変更しました。

変更方法は簡単でした。しかし、私はApple IDを2つ所持していました。

メインで使用していないApple IDのメールアドレスをメインのApple IDに変更する流れ。

変更完了まで、ひと月ほどかかりました。その経緯をご紹介します。

目次

使用されていたメールアドレスは、ひと月、使用しない

変更作業自体は、すべてインターネットで行えます。

単にメールアドレスを変更するだけなら、すぐに作業を完了させることができます。

私の場合、使用しているメールアドレスを移行させることになります。

Appleの規定で、1度Apple IDに使用されたメールアドレスを別のApple IDに使用する場合は、そのメールアドレスを使わない期間がひと月以上必要になります。

サブのApple IDのメールアドレスを一度外します。(今までApple IDで使用していないメールアドレスに変更しました)

そして、ひと月たってから、メインのApple IDに、使用したかったメールアドレスを設定しました。

変更メールアドレスの注意点

Apple IDは、フリーメールアドレス(GmailやYahooメールなど)が使用することができます。

すでにフリーメールアドレスを使用している場合は、別のフリーメールアドレスに変更が可能です。

Appleが提供するアドレス末尾 @icloud.com、@me.com、@mac.com を使用している場合には、フリーメールアドレスに変更することができません。

@icloud.com、@me.com、@mac.comの中で、変更するしかありません。

Apple IDの変更方法

注意!

Apple IDを変更する前に、Appleのすべてのサービスからサインアウト(ログアウト)する必要があります。

万が一、サインアウトせずにApple IDを変更した場合、サインインできなくなる場合があります。

Appleのサービスからサインアウトする手順はこちら↓

あわせて読みたい
AppleのiCloudやiTunesなどのすべてのサービスからサインアウトする手順!iOS & Mac
AppleのiCloudやiTunesなどのすべてのサービスからサインアウトする手順!iOS & MacApple IDの変更やMacやiPhoneの機種を変更する際に、行うAppleサービスからのサインアウトの方法。iOSとMacに分けて手順の流れを追います。サインアウトをしっかりして...

Appleのサービスからサインアウトしたら、下記のリンクからApple IDのアカウントページにサインインします。

AppleI ID
Apple ID
Apple IDYour Apple ID is the account you use for all Apple services
Apple ID アカンウトページサインイン

Apple IDを入力します。

Apple ID アカンウトページ2ファクタ認証

二段階認証を設定していると、確認コードが送られてくるので、コードを入力します。

Apple ID アカンウトページ

サインイン後、[編集]ボタンをクリックします。

Apple ID アカンウトページで、Apple ID変更

Apple ID の変更をクリックします。

Apple ID アカンウトページで、Apple ID変更

新しいメールアドレスを入力します。

Apple ID アカンウトページで、Apple ID変更

入力したメールアドレスに確認コードが送られてくるので、そのコードを入力します。

Apple ID アカンウトページで、Apple ID変更

Apple ID が変更されました。[完了]ボタンをクリックし、変更作業完了です。

Apple ID アカンウトページで、Apple ID変更

最後にサインアウトします。

新しいApple IDで、Appleのサービスにサインインし直します。

まとめ

Apple IDに使用していたメールアドレスを別のIDに使用する場合は、使用しない期間を1ヶ月空けることで、使用可能になります。

使用しているApple IDが、フリーメールアドレスかApple提供のアドレスかで、変更できるアドレスが限られるので、注意してください。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる