Path FinderでMacのファイル操作をもっと快適に!

PATH FINDER7

Macユーザーのみなさん、Finderをどのように使っていますか?

  • きっちりフォルダで階層分けしている
  • 1箇所に突っ込んで、都度都度タグや検索して探す
  • ファイルの移動は、ウィンドウを2つ出して移動?
  • タブを並べまくる?

日々、いくつかのプロジェクトや企画、活動をこなしていると、Finderのウィンドウは1つだけじゃ足りません。

OSレベルでタブ化することもできるようになって、以前よりは使いやすくなったFinderです。でも誤ってウィンドウを閉じると、せっかく並べたタブは消えてしまいます。

もっと快適に使うことができないか、模索していくなかで、「Path Finder」に出会いました。

「Path Finder」は、Finderより細かい設定が可能で、快適なFinder操作、ウィンドウ管理、ファイル管理を支援してくれます。

私のPath Finderの使い方をご紹介します。項目、画像多めです。

目次

有料アプリ「Path Finder」

Path Finder Webサイト

海外で開発、販売されているアプリケーションです。
https://cocoatech.com

30日間は、すべての機能を無料で使用することができます。
試しに使ってみたい方は、Webサイトにアクセスしてダウンロードしてみてください。

販売価格は、2017年3月26日時点で、39.95ドル。
なおキャンペーン中につき、キャンペーンコードを入れると5ドル安く買うことができるようです。

Path Finder キャンペーンコード

キャンペーンの終了日はわかりませんので、ご注意ください。

Path Finderのメニューは日本語化されていますが、開発元から直接ライセンスを購入しなければなりません。

そのため、購入手続きはすべて英語です。残念ながら、App Storeにはありません。
とはいえ、購入方法を選んで、名前、住所、メールアドレスくらいしか入力しませんので、そこまでハードルは高くないはずです!

 

Path Finderの機能

外観

Path Finder 表示画面

純正Finderとそんなに変わりありません。
大きく違うとしたら、ブックマークバーがあるくらい。私はほとんど使いません。非表示にもできます。

ウィンドウ設定を保存できる

Path Finder プラウザの保存メニュー

プロジェクトごとにウィンドウ設定を作ることも可能です。
もちろん、タブを作成して、ブラウザを保存しておけば、タブを維持したまま呼び出すことが可能です。

開いたタブのセットも可能ですが、ブラウザで保存できるので、私はタブセットでは保存していません。

ブラウザ1つで、タブセットを切り替えて運用していく方法もありですよ!

Path Finder サイドバーの設定

サイドバーも従来のFinder同様、ドラッグアンドドロップで、よく使うフォルダをショートカットとして設置可能。

サイドバーとタブを駆使することで、目的のファイルへアクセスも楽になりますよ!

デュアルブラウザ

Path Finder のタブ

こちらは、分割前の通常時。

Path Finder デュアルブラウザ

デュアルブラウザにして、画面が分割されます。
デュアルブラウザにすると、タブセットがもう一画面に表示されます。

画像のように、ダウンロードしたファイルを、別のタブの目的の階層へ移動させることが可能です。

ツールバーにデュアルブラウザアイコンを表示しておけば、ボタン1つでデュアルブラウザに切り替わります。もう一度押せば、アクティブではない画面が閉じられます。

2つのFinderウィンドウ

もうウィンドウをいくつも作る必要はなくなりました。

デュアルブラウザで異なる表示

Path Finder デュアルブラウザで異なる表示

デュアルブラウザでは、別々に表示を変えることができます。
左側は、リスト表示にしておき、右側はカラム表示に。

表示方法は、通常のFinderと同じです。この他にアイコン表示やCover Flowも表示できます。

フォント・文字サイズの変更

Path Finder リスト表示のオプション設定

リスト表示のオプション設定画面。フォントの変更やサイズ変更が可能。

リスト表示時のみ、ウィンドウ別にサイズ調整ができます。

Path Finder カラム表示のオプション設定

カラム表示のオプション設定画面。リスト表示時とは異なるフォント設定が可能です。

カラム表示は全ウィンドウで共通設定となっています。

フォントはもとより、かゆいところに手が届くほど様々な設定を変更することができます。

かなり自由度は高めです。

Quick Look

Path Finder Quick Look表示

Macの超便利機能、Quick Lookも問題なく使用できます!

情報用画面シェルフ

Path Finder シェルフの表示

右と下、2箇所に情報用画面を開くことができます。

ひとつはカラム表示でファイル選択すると表示されるプレビュー。
もうひとつは、そのファイル情報。

ちなみに、画像ファイルを選択したとき、プレビュー画面右上に画像サイズも表示されます。便利です。

Path Finder シェルフの表示設定メニュー

さらに、シェルフは、表示項目を変更することができます。

右側、下側、それぞれ別項目を設定できます。

ファイル名一括変更

Path Finder 一括名称変更設定

選択したファイルを一括変更できます。正規表現も可能ですので、複雑な名称変更にも対応できますね。

一度の変更で、変更対象を複数項目設定できるのも、素晴らしい!

画像は、この記事に使用するスクリーンショットの一括変更の模様です。

名称変更と連番をつなげる設定を一回で行っています。

AirDropが使用できない

Path Finder AirDrop

Path Finderは、AirDropに対応していません。

特に、Macから各デバイスにファイル送信する際は、Finder側で、ひとつウィンドウを立ち上げてAirDropを使用します。

 

環境設定

とにかく設定できることが多すぎるので、最初は戸惑うかもしれません。
現在の私の環境設定です。この設定は、標準のFinderに近いです。

一般 環境設定

Path Finder 一般環境設定

ブラウザ 環境設定

Path Finder ブラウザ環境設定

機能 環境設定

Path Finder 機能環境設定

キーボードのブラウザ・キーアクションで、Returnキーを「選択項目を名称変更」にしておきます。

従来のFinder同様、Return(Enter)キーで、ファイル名やフォルダ名を変更できます。

Fn + Enter で、選択項目を開くことができます。

アピアランス 環境設定

Path Finder アピアランス環境設定

サイドバーのフォント設定はここで行います。

カラーリングまわりもココで。

Finder 環境設定

Path Finder Finder環境設定

Path Finder はひとつのアプリケーションとして動作するので、Finderが2つ存在しているような状況です。

Path Finder アイコン

最初のうちは、同じような色をしているアイコンなので、よくFinderアイコンをクリックしてました。そのうち慣れます。

ここで設定することで、Finderを隠したりすることもできます。

先に説明したように、AirDropがPath Finder上で使用できません。
頻繁にAirDropを使用する人は、Finderを活かしておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

Path Finder、いかがだったでしょうか。画面分割やウィンドウ設定の保存、タブセットを記憶できたりと、できることが多いので最初は戸惑うかもしれません。

けれど、これらを上手く活用することによって、本来のFinderでは煩わしかった操作も減り、よりMacでの作業が快適になりました。

30日間は、無料で使用できるので、ぜひ一度試してみてください!

Finderでも、ここまでできるよ、というやり方があったら教えてくださいね!

Path Finder
https://cocoatech.com

PATH FINDER7




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。