9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

Mizucics Notes にブログタイトルを変更

新プログタイトル Mizucics Notes

このたび、ブログタイトルを変更しました。

Mizucics Notes
ミズシィクス ノーツ

Mizucics は、子供の頃から呼ばれているあだ名の、みずし=mizuc に、「…学」「…論」および「特性・活動・現象」などの意味を表す ics を合わせた造語。

それに、Note を足して、水島的ノートのような意味合いにしました。

note には、覚え書きやメモ、記録、ノート、原稿、文書、書類、注釈といった意味も持つので、物語を作る活動や考察の発表の場となるこのブログに合っていると思い、付け加えました。

小説をノートに手書きしていていることもあり、note という単語もピッタリ。

ブログタイトルを変更した理由

もともとは、Kazuki Mizuc というサイト名でした。自分の名前をタイトルにつけていました。

このWebページを立ち上げた時は、Webサイトとして活用していくものでしたので、自分のサイトということで自分の名前をつけていました。

今では、ブログがメインになっているので、変更したいとな思っていました。
先月の6月から、ブログを使って自分のブランディングを始めたため、ブログ記事の方向性が変わりました。

この1ヶ月、ブログを更新していて、自分が書くべきことがだんだんわかってきた。

このブログを通して、自分の生き方を伝えていく。
そのためには、自分が行っている活動内容や作品を過程から見せていく。

自分が思っていることやメモ書き、構想、ノートにまとめたこと、作品を、ノートを広げるように、自分を見せていく。

そのように思い、ブログタイトルを変更しました。

同名サークルの立ち上げ

昨日の記事にも書きましたが、このブログタイトルがそのまま文芸サークル名になります。

サークルといっても、当面は文学フリマ出店用のサークル名であり、個人プロジェクトです。

文フリで色々なジャンルのものを出したいと思って、作ることにしました。
一文物語で出ると一文物語だけになってしまうので、大きな枠組として広げる。

それこそ、ブログ内容が、そのまま文フリに出せるなと思っている。

  • 一文物語
  • 糸かがり手製本はん・ぶんこ制作
  • 新時代Web文学表現の研究
  • 執筆している小説のこと

最後に

7月に入って急に暑くなって日に日に夏本番へと近づいていくの感じます。

夏の暑さに負けないように、自分の気持ちにも熱を入れ、進んでいきたいと思います。

Mizucisc Notes のページを書き埋めて、どんどんページを厚くしていきます!

新プログタイトル Mizucics Notes



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。