Local by Flywheelで「502」エラーを解消する方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Local(Local by Flywheel)を立ち上げて、ローカル環境のWordPressサイトにアクセスできなくなった。

管理画面もサイト表示も、502が表示されて、アクセスできませんでした。

私が行った解決方法は、PHPのアップデート。

たまたまPHPのアップデートが来ていて、それを行ったことで、エラーが解消されました。

管理画面、サイトにもアクセスできるようになりました。

目次

502が出て、PHPのアップデートしたら、解決した

Local(Local by Flywheel)自体のアップデートがあったので、まずアップデート。

それから普通にローカル環境の管理画面にアクセスしようとしたら、「502」が出てしまいました。

Mac Safari 502

管理画面にもサイト表示もできません。

Local(Local by Flywheel)の画面

WordPressのバージョンが表示される部分が、ずっとローディングしたままでした。

PHPのアップデートを行って解決

Local(Local by Flywheel)の画面

PHPのアップデートが来ていたので、アップデートを行いました。

Local(Local by Flywheel)のPHPバージョンアップ

結果的には、PHPをアップデートしたことで、ローカルのサイトにアクセスできるようになりました。

Local(Local by Flywheel)の画面

WordPressのバージョンも表示されるようになりました。

そのほかにやってみたこと「macOSのDNSキャッシュクリア」

PHPのアップデートをする前に、「mac本体のDNSキャッシュクリア」を行ってみました。

他の方がこれで、「502」を解決したと記事にされていたので、やってみました。

結論を言えば、私の場合は解決しませんでした。

やった作業は、以下です。

macOS Catalina〜Big Sur のコマンド

sudo dscacheutil -flushcache; sudo killall -HUP mDNSResponder

Macのターミナル画面
Macのターミナル画面

パスワードを求められるので、macのパスワードを入力。

macOSのバージョンで、コマンドが違うので注意してください。

まとめ

Local(Local by Flywheel)で、「502」が出て、PHPのアップデートがあればアップデートする。

また、「mac本体のDNSキャッシュクリア」を行うことで、解消されることもあるようなので、参考にしてみてください。

Local(Local by Flywheel)の「502」解消方法が少なかったので、残しておきます。

あわせて読みたい
PC上にWordPressをインストールして、試しに動かす方法[アプリLocalの導入] WordPressでブログを始めてみようと思っても、レンタルサーバーを契約したり、設定できるか、難しそうに感じるかもしれません。 また、サーバー上でデザインをカスタマ...
あわせて読みたい
LocalのWordPressデータをアップロードする準備編(データベースをレンタルサーバー用にPC上で設定) WordPressをPC上で動かすアプリLocalで、カスタマイズしたWordPressをレンタルサーバーにアップするために、PC上で準備することがあります。 それは、下記の4つの作業を...

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる