9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展します!詳細はこちらから。

記事カテゴリの整理をして、自分を俯瞰するように見えた。ブログカテゴリは自分の要素。

カテゴリー一覧

1年ほどブログを運営してきて、当初のカテゴリでは記事の所属先に迷うようになりました。

思いきってカテゴリを再構築、記事の割り当て整理をしました。

購読させてもらっているブロガーさんが、カテゴリを整理したという記事をアップしていて自分も整理したいと思ってやりました。

目次

カテゴリを整理する際に参考にした記事

ブロガーさんの記事の中で紹介されていた記事を、私も参考にさせていただきました。

とことん読者目線を意識して、カテゴリを整理するように考えました。

ブログはストック型メディアではあるのですが、日々自分が変化していく姿の映し鏡のような物でもあると思っています。

私も、ブログも現在進行形、という意識も持ちながら新しくカテゴリを作って行きました。

新しいカテゴリ分けしたけど、日記は残しておく

当サイトはWebサイトとブログを一つにしたような形にしています。表向きわかりませんが。

WordPressの投稿で使用するカテゴリは、大枠で3つに分けています。

  1. 作品
  2. イベント関連
  3. ブログ

これらとは別に、固定ページで使用してサイト全体を構成しています。
ここでは固定ページ(プロフィールやコンタクトページ)については省いています。

そして、3番目のブログの中で、さらにカテゴリを分けるイメージです。今回、ここを中心に整理しました。

新しいカテゴリ一覧1 新しいカテゴリ一覧1

参考記事では、日記や雑記はなしにしましょうとありましたが、私はカテゴリに残しています。

むしろ、日記をさらに細分化しています。
自分の進化の過程を残しておかないといけませんからね。

カテゴリ分けをすると、自分の要素が見えてくる

今回、カテゴリを整理したことで、今までブログに書いてきたことを俯瞰して見ることができました。

どんな記事が多かったかも分かり、今まで漠然したものがはっきり言葉になって自分の考えていること、要素が見えてきました。

これから書いて行きたいことも発見でき、カテゴリの整理がいい機会となりました。

関連記事

カテゴリー一覧



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。