HHKB Professional BT からMagic Keyboardにキーボードを戻した理由は、打鍵音と沈み具合

HHKB Professional BTキーボードとMagic Keyboard

パソコンの作業環境は、Macbook Proで、外付けディスプレイをメインにしています。

そのためキーボードは、Macbookのキーボードは使用せず、HHKB Professional BTを使用していました。

2016年に発売されてから使っていたのですが、2018年になり、もともと使用していたAppleのMagic Keyboardに戻しました。

HHKBの打ち心地は、とても良かったのですが、だんだんと打鍵音とキーの沈み具合に違和感を持ち始め、切り替えてしまいました。

HHKB Professional BTの打鍵音が、気になるくらい耳につく

デスクトップ環境

私のパソコン作業環境は、こんな感じです。

HHKB Professional BTとウッドパームレスト

打鍵音は、スコスコ、という音に近いです。購入当初は、あまり気にならなかったのですが、打ち込む時間が長くなると、耳障りになってきました。

また、打鍵音だけでなく、机にも入力した音が響いてしまい、それも気になってしまいました。

私が過敏なだけというのもあります。作業中は、耳栓かイヤホンをして音楽を聞くことをしていました。

さすがにずっと耳を塞いでおくのつらく、キーボードを変えようと思うようになりました。

入力した際のキーの深い沈み具合

HHKB Professional BTとウッドパームレスト

購入当初は、キーを入力している感じがとても気持ち良かったです。

もともとMacの薄いぺったなキーボードを使用していたため、だんだんと深く押し込んで入力するHHKBのキーが打ちづらく感じるようになりました。

友人と外でプチ執筆合宿をしようということになり、Macbookを外に持ち出す機会がありました。

半日、Macbookのキーボードで入力していたせいか、帰宅後、HHKBの入力が嫌な感じになったのです。

Magic KeyboardとMagic Mouse

しばらくしまっておいたMagic Keyboardを再び出して、使用したところ、ぺったなMagic Keyboardが打ちやすいなと思いました。

音もHHKB Professional BTに比べると、静かなので、結局元の鞘に戻ることになりました。

Magic KeyboardとMagic Trackpad 2

Magic Trackpad 2も、作業に合わせて使い分けています。

まとめ

HHKB Professional BTは、物として重みもあって安定した状態で入力キーボードです。

しばらく使用してみて、音とキーの沈み具合がだんだんと自分とは合わなくなりました。

HHKB Professional BTは、決して安いキーボードではないのですが、使ってみないとわからないこともあるのだなと思いました。

今は、お休み中ではありますが、またHHKB Professional BTの出番がくるかもしれません。

関連記事

HHKB Professional BTキーボードとMagic Keyboard



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。