執筆を始め、シナリオのフィードバックをしたり、ブログ記事を書いて充実した1日-想造日誌

見開きノートの厚さ比較#83

2017年9月18日の活動日誌。

手製本作業に手をつけられなかったのが残念ではあったが、色々と取りかかることができて良かった。

Story Works/執筆

一文物語365

[kanren postid=”3792″]

水飲み場 執筆進行

見開きノートの厚さ比較#83

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

83日目。1ページと4行、書き進めることができました。

ノートに手書きしているので、テキストデータの入力も行った。書いた日にデータにしておくと、あとあとたくさん打たなくて楽になりました。

J 企画

同時に書こうと思っている小説コードネーム「J」。

ウォーキング中に、プロットが思いついた。少しだけ書き足しました。

手製本制作

新作糸かがり手製本 一文物語365 2016年集

1冊糸かがりしようと思ったが、時間がなく手がつけられなかった。

シナリオのフィードバック

頼まれたシナリオを読んで、気になったところを報告した。

その気になったところを言葉に起こすと、自分の勉強にもなる。

自分も物語を書く際、意識するポイントにもなった。

ブログ

[kanren postid=”3800″]

人前で話せるようになった時の気持ちの変化をブログにしました。

まとめ

2016年集の糸かがりに手をつけられなかったのが残念。

1冊でもいいから、作業を進めていかないといけません。10部なので、今週中には終わらせられるようにしたい。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。