第二十五回文学フリマ東京に出店します!

2017年11月23日(木・祝)に開催される文学フリマ東京に出店します!一文物語はもちろん、その他に、新時代Web文学表現研究や手製本、小説に関することを展開していきます!詳細はこちらから。

あがり症だった自分が人前で話せるようになってみて、意識したこと感じたこと

スピーチする写真

私は、人前で話すのがとても苦手です。

1対1なら平気ですが、2人以上の前で話すことになった途端、緊張して頭は真っ白に冷静にいられず、何を話したらいいのかもわからなくなります。

たとえそれが、友達だとしてもです。何気ない会話であればまだ平気です。しかし、なにかを説明したり、静かに聞かれるような形になると話せなくなります。

そんな私が十数人の前で、簡単な報告、発表がラクな気持ちでできるようになりました。
前みたいに頭が真っ白になることなく、話すことができました。

私が、そうなるまでに意識したこと、話し終えて感じたことがあります。

目次

話し終えた時の気持ち

話すことができた。

頭が真っ白にならなかった。

口ごもったところもあったと思う。

でも、頭の中は伝えたい一心だった。

聞いてくれて、ありがとう。

そう思った。

どうしてそう思えるようになったのか。

金光サリィさんの「人前で話すのがラクになる!5つの魔法」と言う本を読んで、人前に立つ時の意識を少し切り替えることができたからです。

人前で話す2週間前からやったことは、呪文を唱えることと、前日に話す内容をまとめただけです。

効果的な呪文

呪文と言うのは、あがり症であると言う自分に潜在意識レベルで訴えることによって、あがり症ではないと思わせること。

  • 私は、人前で話すのが好きだ。
  • 私は、人に注目されるほど楽しく話す。
  • 私は、たくさんの人が話を聞いてくれることに喜びを感じる。
  • 私は、どんな状況でも楽しんで、自分を表現します。
  • 私は、どんどん素敵に変化していく自分が大好きです。

これらの呪文を唱えることで、自分自身を更新していきます。

2週間ほど続けていると自分の気持ちが変化し、本当に人前で話せると思うようになりました。

実際に、人前での話を終え、これら思っていたことが本当にそう思えるようになった瞬間でもありました。

マンダラボックス法で話す内容をまとめた

マンダラボックス
  1. 真ん中のボックスにタイトルを書く
  2. そのボックスの周りに主要キーワードを書く
  3. さらにその外側のボックスにはその詳細のサブワードを書いていく

これを順番に話していく。
外側のボックスは、時間によって数を増やしたり減らしたりすると良い。

スピーチ原稿マンダラボックス

画像は、私が実際に書いたボックスです。
ブログ塾で、ここ2ヶ月間の自分のブログ活動の振り返りを発表した際に作成したものです。

まとめ

これら実践内容やメソッドは、著者の本に書いてあり、その通り実践しただけです。

改めて、人前で話せるようになった自分を振り返ると、一つ思うことがありました。

「我は何者であるかを伝えなければ、次の話もできない」と思った。

私が何を思い、何を考えてきたかを伝えなければ、先には進めないと心から感じた。

聞いている人が、私をどう思うかは、私の話を聞くまでわかりません。好きになってくれるか、嫌われるかはわかりません。

しかし、私が思ったことを伝えなければ、それすら感じてもらうこともできないのです。

改めて、人前で話をする経験を通して、私は、人に自分の声と言葉で何かを伝えるその一歩をようやく踏めたのだと思いました。

人前で話すのがラクになる!5つの魔法 by 金光 サリィ を読んで、苦手意識を変える。

2017.09.09
スピーチする写真




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。