3日ぶりに手製本一文物語365 2016年集の糸かがりが進められた-想造日誌

手製本一文物語365 2016年集 糸かがり

2017年9月25日の活動日誌。

執筆は進めていないが、手製本制作が進んだ。

一文物語の作成に今までより多めに時間を割いている。少し感触の違った作品がかけるようになってきたと感じている。

先週買ったほぼ日手帳を少しずつ使い始めている。今まで、パソコンやスマホで記録していたことを手帳に切り替え始めている。

もう少しで形になりそうなので、また記事にしたい。

Story Works/執筆

一文物語365

[kanren postid=”3927″]

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

手をつけておらず、進んでいない。

手製本が出来上がるまで、手がつけられないかもしれない。

手製本制作

新作糸かがり手製本 一文物語365 2016年集

手製本一文物語365 2016年集 糸かがり

2冊糸かがりできた。

累計6冊糸かがり済み。10冊全てまで、あと4冊。

今週中には、仕上げて完成だ。

ブログ

[kanren postid=”3934″]

かがり終えた本体の表紙と裏表紙ののりしろを閉じる工程です。

まとめ

手製本の終わりが見えたので、仕上げに向けて進めていく。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。