手製本の道具づくりの続きをして、悩みの答えをブログに書いてスッキリした日-想造日誌

糸かがり手製本はん・ぶんこ用表紙の型抜き

2017年10月21日の活動日誌。

手製本ワークショップの準備

前回に続いて、道具作り。表紙を切り抜くための型作り。

糸かがり手製本はん・ぶんこ用表紙の型抜き

型に糸を張って完成です。糸の四角で囲まれたところが、表に出てくる部分。

模様のある紙を狙って、位置調整して切り抜きたい場合にはいいかもと思って作りました。

Story Works/執筆

一文物語365

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

まだ、一ヶ所、プロットの穴が埋まらない。

でも、暗闇の先に小さな光が見え始めている。

虹色の虫眼鏡

「虹色の虫眼鏡」は、これから執筆しようとしている小説のコードネームです。

冒頭部分を具体的に考え始める。

ブログ

以前から悩んでいたことに、一つの答えを見つけた。

それで解決したというわけではないが、そのロジックが分かっただけでもスッキリしている。

次に、どうしたらいいの具体的に行動すれば良しなのだ。

まとめ

悩んでいたことをブログに書いてみて、悪くないことに気づいた。

それについては、一つ答えが出ていたが、こういった問い自体を記事にしてしまっても良いのかと思えた。

ただ、記事を書くことに相当疲れていた。翌日、いつもの時間に起きることができなかった。

創作は続いていく。

糸かがり手製本はん・ぶんこ用表紙の型抜き



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。