手製本の道具づくりの続きをして、悩みの答えをブログに書いてスッキリした日-想造日誌

2017 10/22
手製本の道具づくりの続きをして、悩みの答えをブログに書いてスッキリした日-想造日誌

2017年10月21日の活動日誌。

目次

手製本ワークショップの準備

前回に続いて、道具作り。表紙を切り抜くための型作り。

糸かがり手製本はん・ぶんこ用表紙の型抜き

型に糸を張って完成です。糸の四角で囲まれたところが、表に出てくる部分。

模様のある紙を狙って、位置調整して切り抜きたい場合にはいいかもと思って作りました。

Story Works/執筆

一文物語365

あわせて読みたい
2017年10月21日一文物語
2017年10月21日一文物語罪に耐えきれなくなった男は、無断で建物に登り、一糸まとわぬ姿で、自分を包み隠さず犯した七つの大罪を演説のごとく話し始めたが、大罪よりも無断侵入と公然を乱した...

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

まだ、一ヶ所、プロットの穴が埋まらない。

でも、暗闇の先に小さな光が見え始めている。

虹色の虫眼鏡

「虹色の虫眼鏡」は、これから執筆しようとしている小説のコードネームです。

冒頭部分を具体的に考え始める。

ブログ

あわせて読みたい
小説の執筆は、手書き派。パソコンで書けない理由を視覚と思考の観点から漢字変換候補が邪魔。
小説の執筆は、手書き派。パソコンで書けない理由を視覚と思考の観点から漢字変換候補が邪魔。長年、私は悩んでいる。小説を書く時、手書きがいいのか、パソコンで書くのがいいのか。私は、小説を執筆する時だけは、手書きする。パソコンでも書けるようになりたい...

以前から悩んでいたことに、一つの答えを見つけた。

それで解決したというわけではないが、そのロジックが分かっただけでもスッキリしている。

次に、どうしたらいいの具体的に行動すれば良しなのだ。

まとめ

悩んでいたことをブログに書いてみて、悪くないことに気づいた。

それについては、一つ答えが出ていたが、こういった問い自体を記事にしてしまっても良いのかと思えた。

ただ、記事を書くことに相当疲れていた。翌日、いつもの時間に起きることができなかった。

創作は続いていく。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次