MENU
水輝亭ルーム
小説ルーム Novel Room
一文物語 One Sentence Story Room
ブログルーム Blog Room
素僕ルーム Naturally Room

プロフィール背景画像
水島一輝の画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

糸かがり手順書が完成し、手製本道具を入れる道具箱を手に入れた-想造日誌

2017年11月7日の活動日誌。

目次

手製本ワークショップの準備

糸かがり手順書が完成。プリントして写真のある部分を撮り直したいと思うが、時間的に無理そうである。

撮り直すなら、全部撮りなおす。機会を見て、バージョンアップさせていきたい。

手順書作りが落ち着いたので、別の資料作りに取り掛かる。全体の手順や道具の情報などをまとめたプリントを作って、ワークショップ参加者に配布します。

手製本道具箱

手製本道具を入れる道具箱を作りたいと前々から考えていた。

何か整理できる入れ物がないかと探していて、やっと一つの形にたどり着いた。

無印のメイク収納ボックス。

まだ整理が落ち着いていないが、持ち運びできるようになりそうだ。

Story Works/執筆

一文物語365

あわせて読みたい
2017年11月7日一文物語
2017年11月7日一文物語授業中、よく寝ている彼女は、夜の校舎からスカートをひらひらさせて空を飛び、星の収集に忙しい。2017年11月7日一文物語より

ブログ

あわせて読みたい
高枝鋏さんの初個展「SENSE OF WONDER」を見に行って来ました!緻密な点と線の絵に引き込まれる!
高枝鋏さんの初個展「SENSE OF WONDER」を見に行って来ました!緻密な点と線の絵に引き込まれる!高枝鋏さんは、点と線を基本に、絵を描いて活動されています。https://twitter.com/hasamixxx/status/924963372898009088とても緻密な点と線により、形と陰影が作品の密...

まとめ

外出が続いて、小説を書く時間が取れなかった。

時間を確保して小説を進めつつ、ワークショップの準備を進めていきます!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる