立花B塾8期東京レベル1平日コースの初アシスタントをして、初心に帰る-想造日誌

立花Be・ブログ・ブランディング塾レベル1 第1講

2017年11月24日の活動日誌。

立花B塾 8期東京レベル1 平日コースの初アシスタント

リニューアルしたブログ塾の第1講のアシスタントをさせてもらいました。

私が今年の6月から10月まで通わさせいただいたブログ塾で、新しく開講した講義です。

今回、お手伝いをさせてもらいながら、その内容を聞くことができました。

レベル1ではありますが、旧中級を修了した私でも、改めて勉強になることばかりでした。

ブログを書くことについてだけでなく、心のあり方についても語られ、何かを始める心構えもしっかり身につけられるプログラムとなっていました。

私も、改めて身を引き締めて、活動していきたいと思いました。

立花Be・ブログ・ブランディング塾レベル1 第1講の会場

ブログ

23日に出店した文学フリマ東京のイベントレポートをアップしました。

今回は、新しいことにも挑戦して、手応えもつかめた素晴らしい機会となりました。

この体験をより研ぎ澄まして、次に繋げていきたいと強く感じました。

Story Works/執筆

一文物語365

まとめ

文学フリマ東京の翌日に、B塾のアシスタントをするという流れ。

イベントで感じたことを、B塾の講義を聞きながら、整理するような1日となりました。

その時間は、一塾生となって、これからの展望などを自問自答する機会となるいい1日でした。

立花Be・ブログ・ブランディング塾レベル1 第1講



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。