feedlyボタンをSSL対応したのにhttpsサイトにリンクできない時の対応方法

feedlyボタン作成サイト
URLをコピーする
URLをコピーしました!

ブログをSSLに対応させた際、feedlyボタンもSSL対応させました。

そこで、つまづきました。

「https://〜」に設定したfeedlyボタンを押しても、自分のブログフィードが取得できませんでした。

時間をおいても、フィードは読み込まれず。

いろんなブログの対応方法を見てみましたが、どれも上手く行かず。

いろいろと試して、解決方法が見つかったので、私が対応した方法をご紹介。

目次

前提

当ブログは、Wordpressで運用されています。
WordPressバージョンは、4.8.1。

設置方法は、ウィジェットのテキストを使用してサイドバーに設置しています。

対処方法

feedlyボタンの生成

feedyの公式サイトから、ボタンを作成することができます。

Feedly. A fast and stylish way t...
Feedly. A fast and stylish way to read and share the content of your favorite sites. Introducing the New Feedly. Browsing, reading and sharing your favorite sites has never been this easy, fast and rewarding. Feed your mind anytime, anywhere!

フィードのアドレスを入力

Step1で、使用したい画像をクリックします。

feedlyボタン作成のブログフィードアドレスを入力

Step2のフォームに、自分のブログのフィードアドレスを入力します。

この時、「http://〜」のアドレスを入力してください。

生成コードの修正1

feedlyボタンのコードが生成

フォームにフィードアドレスを入力すると、feedlyボタンのコードが表示されます。このコードを少し修正します。

feedlyボタンコードの修正箇所1

まず、3箇所ある「http」をすべて「https」します。

feedlyボタンのSSL対応方法を紹介しているブログは、ここで終わっています。

しかし、このままコードをコピーして自分のブログに設置しても、フィードが読み込まれません。

さらに、コードを修正します。

生成コードの修正2

feedlyボタンコードの修正箇所2

「%2F」を「/」に、変更します。

「%3A%2F%2F」を「://」に変更します。

feedlyボタンの完成コード

変更したら、コード全体をコピーして、設置したい箇所に貼り付けます。

貼り付けたら、ボタンが動作するか、フィードが読み込まれるか確認してください。

まとめ

私の場合は、生成されたfeedlyボタンのaタグのリンクを普通のアドレスにすることで、feedlyボタンが動作するようになりました。

この方法を紹介している記事に行き当たらなかったので、もしWordpressでSSL対応して、feedlyボタンが動作しなかったら、この方法も試してみてください。

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

feedlyボタン作成サイト

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる