hagoromoの縦書きでのGoogle日本語入力のサジェスト位置

hagoromoのGoogle日本語入力サジェスト位置

私は、パソコンを使用して、縦書きで文章を入力することはほとんどありません。

なぜなら、MacでGoogle日本語入力を使用して文章を入力すると、変換候補を表示する小窓、サジェストが入力中の文章と被ってしまいます。

そうなると、入力中の文章の変換結果が見えず、入力がしづらいため、横書きで入力してから縦書きにレイアウトを変更していました。

テキストエディターhagoromoなら、サジェストが被らない

ところが、小説のデータを縦書きにしようと、テキストエディターhagoromoを使用しました。

その際、文章の間違いに気づいて入力し直した時、文章の変換候補を表示するサジェストが入力中の文章に被っていないことに気づきました。

hagoromoのGoogle日本語入力サジェスト位置

文章は、宮沢賢治の銀河鉄道の夜。

Hagoromo
Hagoromo
Developer: デベロッパ:MATSUMOTO Satoshi
Price: ¥2,200

私のパソコンテキスト入力環境

  • パソコン mac 10.12.6
  • エディター hagoromo
  • Google日本語入力 2.20.2700.1
Google日本語入力

でも、惜しい

サジェストの位置が右側ではなく、左側に出てくれると良かった。

hagoromoのことえりサジェスト位置

上の画像は、ことえりでの入力表示。
ことえりは、左側に表示してくれる。

ことえりを一時期使用していましたが、やはりGoogle日本語入力の変換が使いやすいかったので、Google日本語入力を使っています。

まとめ

入力中の文章には、サジェストは被りません。でも、今まで書いてきた右側に並ぶ文章には被ってしまいます。

Macで縦書きのできるエディターは限られていて、ことえりが使いづらいと思う私には、縦書きでの入力はまだできません。

近いうちにGoogle日本語入力の仕様が改善されればいいなと思います。

Hagoromo は縦書きもできて軽快な動作 - Mac有料日本語テキストエディター

2017.03.20

Hagoromo Webサイト

hagoromoのGoogle日本語入力サジェスト位置




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。