【開封の儀】ほぼ日手帳2018 カズン

ほぼ日手帳2018カズンとリーフレット

今年もあと5日となりました。ようやく来年2018年の手帳を買いました。

ほぼ日手帳のカズンです。アベックではなく、1年間の手帳です。

ほぼ日ストア

今年は、半年を過ぎてからほぼ日手帳を使い始め、カズンのアベックを使用しています。
https://kazuki-mizuc.com/hobonichi-techo-2017/

ほぼ日手帳2018 開封の儀

ほぼ日手帳2018カズンの包装状態

ロフトで購入しました。

カズンのアベックもありましたが、半年ずつ2冊に別れてしまうので、表紙やおまけページがかぶるのでその分厚くなってしまいます。

そんなに持ち歩くわけではないので、1年間の手帳にしました。

ほぼ日手帳2018カズンとリーフレット

使い方リーフレットが一緒に入っています。

ほぼ日手帳2018カズンのデイリーページ見開き

デイリーページの見開き。

ほぼ日手帳2018カズンのデイリーページ

タスクのチェックリストや、スケジュールも書き込めて、余白もたくさん!

ほぼ日手帳2018カズンの見開き具合

手帳本体は、糸かがり製本で作られているので、どのページもしっかり開いてくれます。

書き込みの際、この開きが重要なんですよね。

ほぼ日手帳2018カズンの年間スケジュールページ

見開きで、年間のスケジュールも立てられるページもあります。

ほぼ日手帳2018カズンに無印良品のしおりシールをつける

今年の手帳もカバーをつけず、裸のまま使用しています。なので、スピンがありません。

そこで無印良品のしおりシールを活用します。

無印良品のしおりシール5本組とペンボルダー

ほぼ日手帳2018カズンに無印良品のしおりシールをつける

最後のページの上部、背表紙側に貼り付けます。

ほぼ日手帳2018カズンに無印良品のしおりシールをつけたところ

しおりの紐が2本あるので、使い勝手も良いです。

ほぼ日手帳2018カズンに無印良品のしおりシールをつけた

まとめ

今年から日次レビュー、週次レビューを手帳でやりたいと思い、ほぼ日手帳を使い始めました。

実際に使ってみて、とても使いやすかったので、来年もほぼ日手帳で振り返り作業をして行きたいと思います。

私のほぼ日手帳の使い方はこちら。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。