落ち着くために温かいお茶を入れて、ゆっくり飲む

急須とマグカップ

タイトな時間設定が嫌い

余裕を持って欲しいものです。

それが続いて、ストレスが溜まった。
もう自分は、そういうことが合っていないんだろうと思う。

人は追い込まれないとやらないでしょ、みたいな……。

やめて欲しい。
苦しい。

そんなことがあり、時間の感じ方にズレがあることに気づく。

自分としては、いい傾向だと思っている。

まだ上手く表現できないけど、いいと思っている。

お茶が好き

あまふわんしぃのマグカップ

そんな時は、お茶を飲む。

お湯を沸かして、茶葉を急須にいれて、お湯を注いで、湯呑みに注ぐ。

この一連の作業が、気持ちを落ち着かせる。
この時、焦っていたりすると、お湯をこぼしたり、急須をぶつけたり。急須が割れたりしたときは、もうショックです。

落ち着くためにも、お茶を入れることに思考を集中する。

先日のコミティアで入手した好きな音楽サークル「あまふわんしぃ」のマグカップ。

COFFEEと書いてあるけど、入っているのは、お茶です。
あまりコーヒーは飲みません。

普段は湯のみ茶碗で、マグカップは使っていなかった。
取っ手があるのは、案外良い!

やっぱり、好きなものが側にあって使えるのは、気持ち的にも落ち着く。

ストレスゼロとは言わない。
極端な振れ幅のない平穏な心を維持できる環境づくりもしていこう!

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。