夏、キーボードの下にタオル敷いて、手首のベタつきを解消する!

Magic KeyboardとMagic Mouseにタオルを敷く

夏場、パソコン作業でキーボードを打つ際、手首が汗ばんで気持ち悪くなります。

長袖を着ていたり、手首を保護するリストレストなどがある場合はいいのですが。

私の使用しているキーボードが薄いため、厚みのあるリストレストだと逆に打ちにくくなってしまいます。

そこを解消するために、私は、単純にタオルを敷いています。

キーボードの下にタオル敷いて、手首のベタつきを解消

Magic KeyboardとMagic Mouse

ごくごく普通のタオルを短辺を半分に折り、二重になった長い状態のタオルを敷くだけです。

そこにキーボードを手の位置に合わせて、タオルの上に置きます。

キーボードが少し浮いてしまって、動いてしまうこともたまにありますが、机に置く手首がベタついて気持ち悪いよりは、とても気分は良いです。

タオルの厚さなどは、好み応じて合わせてみてください。

もっと薄いものにするなら、ハンカチや手ぬぐいでも良いと思います。

まとめ

Magic KeyboardとMagic Trackpad 2

暑い季節にキーボードを入力する際、手首のベタつきを解消するにはタオルを敷くだけです。

リストレストを買わなくても、タオル一枚あるだけで、手首も楽になります。洗うことができるので、清潔に保てます。

AppleのMagic Trackpad 2を使用する場合も、タオルで問題ありません。

関連記事

Magic KeyboardとMagic Mouseにタオルを敷く



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。