M3 2017春の戦利品は、ファンタジー系の曲が多くそろった

M3 2017春戦利品一覧

2017年4月30日に開催されたM3に行ってきました。

M3は、音系・メディアミックス同人即売会で、プロ・アマチュア問わずのイベント。

今回も、好きなアーティストの新譜を手に入れることができました。新しく好きになった音楽とも出会うことができました。

この手のイベントは、クリエイターと直接話ができるところも良いですね。
直接、曲の感想などを伝えることもできますしね。

今回、手に入れた戦利品をご紹介。

目次

旋律テレパシー/あまふわんしぃ

旋律テレパシー/あまふわんしぃ

M3初出展から応援させてもらっているサークル。

前作までのバンド曲から一転、今作はバイオリンとアンティークがテーマ。
バイオリンも実際に引いてもらっているとのこと。

音色ががらりと変わっても、あまふわんしぃの世界観はそのままなのが素敵。

音楽と小説のコラボレーション作品の今作。
小説の構成の中で、本曲の歌詞が織り込まれていた。

小説を読みながら、その世界で奏でられる曲を実際に聞く。
この体験は、面白い発想だな思いました。

今回は、SONOCAでの音楽ダウンロード。
ダウンロードによる音楽配信でも、その価値は変わらないです!

あまふわんしぃ Webサイト

EMPTY DREAM/iaitokyo

EMPTY DREAM/iaitokyo

現代の東京と並行して存在するパラレルワールドのセカイ「トウキョウパラドックス」をテーマにした作品の第3弾。

スチームパンクの香りを漂わせつつ、落ち着いた音色がファンタジー世界に誘ってくれる。
本作には、絵本のようなブックレットもセットなっていた。
トウキョウパラドックスで、鳥の頭のマスクをかぶった人たちの物語を音楽とともに追う。

iaitokyo Webサイト

EMPTY DREAM 特設サイト

AIのための6つの感情曲 special preview C/Hello1103

AIのための6つの感情曲 special preview C/Hello1103

「AIが最初に獲得する感情は何か」をテーマにした作品で、6つあるうちの「好悪」「恒常性」が収められた作品。

電子音なのだが、感情が伝わってくる。音楽の力は凄い。
ただ、自分にとっては感情という気持ちが強く響いてくるためか、聞いていてちょっとつらい。

前作、「Mouseion」という図書館を舞台にした物語調の作品で好きになった。
こちらも電子的な音楽なのだが、奥行きと壮大性が表現されている。
ライブでも演奏していただけたらと思い、ブースでそのことを伝えてしまった。

Hello1103 Webサイト

WONDERLAND/Symphonic City

WONDERLAND・FANTASIA/Symphonic City

ファンタジーオーケストラサウンドトラックということで、何も考えずに手にしてしまった。

「WONDERLAND」

-ふと気づくと少女は魔法の世界におりました-
壮大で不思議でわくわくする
お話のはじまりはじまり…

「FANTASIA」

Symphonic Cityが今までに制作した、壮大なファンタジー楽曲を集めたアルバム。

Symphonic City Webサイト

sputnik sunrise/tokyo babel

今回のM3で新たに出会ったアーティスト「tokyo babel」。

多岐に渡る言語・ジャンルの楽曲や映像を製作しながらも、その中のどの部分においても、常にtokyo babelの世界観を一貫して感じられるスタイルをとっています。

1stフルアルバム「sputnik sunrise」は、一曲一曲、まったく音楽テイストが違うのに、一個点なる核が感じられる。

ギターは生音の録音とお話を聞かせてもらった。その他、声を除けば打ち込みでの表現とのこと。
音楽を聞いているとそんな風には聞こえない。
音の深みや奥行き、重み、広がりを感じられる。

少しダークで独特な世界観がカッコイイ。

tokyo babel Webサイト

 

M3 2017春戦利品一覧



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。