MENU
水輝亭ルーム
小説ルーム Novel Room
一文物語 One Sentence Story Room
ブログルーム Blog Room
素僕ルーム Naturally Room

プロフィール背景画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

Macでファイル名変更リストを作成して、ターミナルから大量ファイルを一発でリネームする方法!

Macで、大量のファイル名を変更したい時、連番にするだけなら、Finderの機能で簡単に変更できます。

しかし、元ファイルが整理されておらず、一つ一つ変更していく場合は、かなり大変です。

ファイル名変更リストを作って、その通り変更できたらとても効率的で、楽です。

今回は、Macに元から入っているアプリだけで、ファイル名変更リストを作って、指定した通りに一括でファイル名を変更するやり方をご紹介します。

目次

名称を変更するファイルを一箇所に集める

今回は、わかりやすくするため、ホームディレクトリ( ホームアイコンがあるところ)にフォルダを作ります。

ファイル名を変更するファイル一覧

00_ファイル名変更

とフォルダを作成し、ここに変更したいファイルを入れます。今回は、画像ファイルを変更してみます。

今回の名称変更方法は、一瞬でファイル名が変更されてしまいます。万が一に備え、ファイル名を変更する前に、あらかじめフォルダごとバックアップ(コピー)をとっておいてください。

表作成アプリで、ファイル名変更リストを作成

次に、一箇所に集めた元ファイル名から、新しいファイル名の紐付けするためのリストを作成します。

Macにある表作成アプリ「Numbers」やエクセル、Googleスプレッドシートなどでファイル名一覧を作成していきます。

Numbersで表をファイル変更リストを作成

こんな感じの表を作成します。現在のファイル名、新しいファイル名、実行ファイル用コマンドの3列。

現在のファイル名を表に入れていきます。大量にあるので、ファイル名だけ取得します。

Path Finderでのファイル選択

ファイル一覧をすべて選び、command + Cで、コピーします。

テキストエディットのフォーマットを標準テキストに変更

Mac標準のテキストエディットアプリを立ち上げます。

テキストエディットの標準テキスト

テキストエディットのフォーマットを標準テキストに変更します。

テキストエディットにファイル名をペースト

Command + Vで、さっきコピーしたものを貼り付けると、ファイル名だけテキスト化されます。

テキストエディットにファイル名をコピー

さらに、テキスト全部を選択して、command + Cで、コピーします。

Numbersにファイル名をペースト

表の元ファイルの列にCommand + Vで、ペースとします。

Numbersで、変更後のファイル名を入力

新しいファイル名を作ります。

ファイル名変更のターミナル実行コマンドの作成

コマンドの列に、mv 元ファイル名 変更後ファイル名をスペースで区切って表示させます。

ターミナルのファイル変更用コマンドの数式

“mv ” & A2 & ” ” & B2

Numbersで作成したファイル名変更リスト

コマンドの列に数式を入れて、全列に適応させます。出来上がったコマンド列をすべて選択して、コピーします。

ターミナルのファイル変更用コマンド

ふたたび、テキストエディットに戻ります。すでに入力されていたものは削除して、表アプリでコピーしたものをペーストします。

テキストエディットの保存

このテキストファイルを保存します。

テキストエディットで、shファイル保存

ファイル名は、re-name.sh。保存先を変更したいファイルのあるフォルダを指定して、shファイルとして保存します。

ターミナルで、shファイルを実行

Finderアプリケーションのターミナルアプリの場所

Mac標準でインストールされているアプリ「ターミナル」を起動させます。

ターミナルでは、すべてテキストでやりとりしていきます。

使うコマンドは、基本この3つ。

  • ls /現在いる階層のフォルダやファイル一覧を表示
  • cd /フォルダやファイルに移動
  • sh /shファイルを実行する
ターミナルの起動画面

ターミナルを起動すると、文字列とカーソルだけ表示されます。初めて起動する場合、ホームディレクトリにいるはずです。

ターミナルで、lsコマンド

ls と入力し、returnキーを押してみましょう。

ターミナルで、lsコマンドを実行結果

[00_ファイル名変更]フォルダがある階層のフォルダが、一覧表示されます。

もし、違う場所であれば、cd $HOMEと入力して、returnキーを押してください。ホームディレクトリに戻ります。そして、lsを実行してください。

[00_ファイル名変更]フォルダ名をコピーします。

ターミナルで、cdコマンド

cd 00_ファイル名変更と入力して、returnキーを押します。

ターミナルで、フォルダ移動

[00_ファイル名変更]フォルダの中に移動します。

lsと入力し、returnキーを押します。

ターミナルで、lsコマンド

変更したいファイル一覧と、shファイルが表示されます。

注意:この後で、ファイル名を一括で変更します。万が一に備え、あらかじめFinder上で、フォルダごとバックアップ(コピー)をとっておいてください。

ターミナルで、shファイルの実行コマンド

ファイル名を変更するコマンドを入力します。sh re-name.sh と入力します。

returnキーを押した瞬間に、ファイル名が変更されるので、ご注意ください。

良ければ、returnキーを押します。

ターミナルで、shファイルの実行結果

問題がなければ、すぐ下に次の行が表示されます。エラーがあれば、エラー内容が表示されます。

ターミナルでファイル名が変更されたところ

Finderを見てみると、すべてのファイル名が指定したものに変更されています。

以上で、ターミナルを使用した一括でファイル名を変更する方法でした。

ターミナルは、そのまま終了してもらって大丈夫です。

まとめ

一つ一つ手作業で地道にファイル名を変更もできますが、リストを作成してターミナルを利用することで、ファイル名を変更できます。

大量のファイル名を、指定通りに変更したい場合には、有効的な方法です。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる