長持ちしそうな帆布を使用した手製スリッパ-森田布包製作所

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ

帆布を使用したスリッパを購入しました。

ニュースアプリで、森田布包製作所のスリッパの記事が取り上げられていて興味を持ちました。
普段からスリッパを履いているので、だいたい春と冬くらいに買い替えています。

4月に入って、そろそろ変えようかと思っていたところだったので、森田布包製作所のスリッパを購入してみました。

森田布包製作所Webサイトスクリーンショット

森田布包製作所 – Morita Huho works

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ

scalyfoot : openmouthed slippers
3,672円

足の甲を覆う5つのラインが帆布になっています。
ひとつひとつ手作りしています。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ

床革と帆布帯五本を組み合わせた室内履きのオープントゥスリッパです。アッパーの裏張にはフェルトを使用しております。

S:23 ~ 24 cm 相当
M:25 ~ 26 cm 相当
L:27 ~ 28 cm 相当 にて製作致します。

帆布部分は、10色から好きな色を選ぶことができます。
でも、その並び順は、職人さんが決められるので、届くまでどんな色の並びになるかわかりません。

色の組み合わせ

  • 生成 : natural white
  • 駱駝 : beige
  • 枯草 : grege
  • 芥子 : yellow
  • 赤 : red
  • 菊水 : olive drab
  • 茶 : brown
  • 緑 : green
  • 紺 : deep blue
  • 黒 : black

私は、natural white、beige、deep blueの3色を指定しました。

私が注文したときは、注文から2週間ほどで手元に届きました。
Webサイトには3週間程度かかるとありましたが、少し早く届いたので嬉しかったです。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパの箱

少し細長い箱で、届きました。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパの箱外面

スタンプ。Mサイズを注文しました。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパの箱の中

空けてみると……。なんだ、白いものは……。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパの箱の中

白いものは、手ぬぐいでした。ノベルティのようです。ありがとうございました!

そして、スリッパも。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ 森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ 森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ

裏面。フローリングによっては、少し滑りやすいかもしれません。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ

初めて履いてみると、思ったより薄いかなと感じると思います。
でも、だんだんと足に馴染んで、床をつかんで歩くような感覚になります。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ

縫製もしっかりしています。
長持ちしそうですね!

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ

帆布の裏面はフェルトが張られているので、ゴワゴワ感はありません。

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパを履いているところ

帆布の適度な固さが甲を包み込んでくれます。次第に自分の足に馴染んできますよ。
夏は、裸足でも気持ちようさそう。

注文したサイズはM。25~26cm相当。
私の足のサイズは、25.5cmなのでちょうどピッタリです。

つま先が空いていないスリッパや、親指を引っ掛けられるタイプもあります。
冬用にも頼もうかな。

外履き用もありますので、気になった方は、ぜひWebサイトを見てみてください!

森田布包製作所 – Morita Huho works

森田布包製作所の帆布を使用したスリッパ




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。