3/4〜3/29 Book Lovers 手製本を出展! イベント詳細

映像制作ソフトMotion5は、コスパ良し高機能だった!ちょっとした映像効果は、プリインストール素材でも十分使える!

2019 10/29
映像制作ソフトMotion5は、コスパ良し高機能だった!ちょっとした映像効果は、プリインストール素材でも十分使える!

Appleが開発しているMac専用映像制作ソフト「Motion5」を使って、映像を作っていました。

地域のスポーツチームのメモリアル作品で、オープニングと選手紹介、写真のスライドショーという流れ。

そのオープニングと選手紹介パートをMotionで作りました。

サンプルとして、自分仕様の映像に作り直したもの↓

選手の人数分、後に続く形です。

目次

Motion5

App Store Motionのスクリーンショット

Appleが開発しているアプリケーションで、ワンカットを作り込んでいくタイプの映像制作ソフトです。

Adobeでいうと、AfterEffectsに当たるものです。

Motionは、6,000円と映像制作ソフトのわりには、安い金額。それでも、テンプレートやパーティクル、カメラや3D機能などが入っていて、設定も細かくでき、かなり高機能です。

Motionに備わっているものだけを使っても、しっかりとしたものが作れるのを実感しました。

ただ、あれこれやりたいと思っても、使いこなすには時間がかかりそうです。

Motionの情報やチュートリアルが少ない

Motion5の画面

きっとAppleのことだから、直感的に使えるだろうと思っていたのですが、使い方がわかりませんでした。

タイムラインや画面の見方はわかっても、クリップの操作や設定方法がつかみにくかったです。

ネットで検索しても、思ったほど情報がないので、一つ一つ手探りで進めていくしかありませんでした。

操作性はAfterEffectsほどではないが、使い方がわかればコスパ良し!

少しAfterEffectsに触れたことがあるくらいの私ですが、操作性はAfterEffectsの方が使いやすいです。

しかし、Motionも使い方がわかれば、ある程度AfterEffectsと同じようなことができるのではないかと思います。

映画やアニメを作るほどではないので、Motionくらいで私には十分すぎるほどです。

少しキラキラを入れたいとか、動きのあるシェイプをサクッと作るくらいなら、Motion一つあればこと足ります。

AfterEffectsだと、サードパーティのプラグインを入れたりする必要もあったりで、ちょこっと映像効果をつけたい場合は、Motionに入っているものでも十分に使えます。

まとめ

映像制作ソフトMotionは、6,000円という価格のわりに高機能で、映像効果をつける素材もたくさん入っていて、コスパが良いです。

使い方に慣れるまで時間がかかったり、チュートリアルなどの情報が少なかったりします。

しかし、使い方がわかれば、Motion一つで十分な機能を備えたアプリケーションだと感じました。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次