MENU
プロフィール背景画像
水島一輝の画像
水島一輝
小説家・ブロガー
当サイト『水輝亭』を運営している水島一輝(みずしー)です。

フリーランス/Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/東京都在住

2018年末までの5年半、毎日一つ、一行だけで完結する一文物語を作り続けていました。
現在、当サイトでファンタジー小説を連載しています。

想像力が人生を豊かにするがモットー!
水島一輝をサポートできます!

一文物語365 2016年5月集

一文物語

1

ポケットの中に、魔物と化した糸くずが生息していた。

一文物語365 挿絵 ポケットの中の魔物

2

捕まった似顔絵師は、幾千も自分の顔を塗り替えてきて、どれが自分の顔なのかわからなくなってしまい、独房で唯一本物の涙を流した。

一文物語365 挿絵 涙

3

弱みを見せまいとヤドカリは、鋭く尖った貝やハリが突き出す貝、硬質な貝、丸くスベスベな貝、どこが入り口かわからない入り組んだ貝と殻を転々と変え、ついにどれにも勝る青く輝く美しい地球の殻を背負おうとしたら、潰れた。

一文物語365 挿絵 ヤドカリ

4

存在が灰色の彼は、何もない真っ青な空に浮かび上がったことで注目を浴びることになった。

一文物語365 挿絵 雲

5

胸に手を当てたところで何も聞こえてこないので、聴心器を開発した。

一文物語365 挿絵 聴診器

6

心の声を聞こうと、胸に手を当てたらひっぱたかれた。

一文物語365 挿絵 ぶたれた跡

7

その詩を詠むと作家の女詩人の気持ちに取り憑かれて愛してしまうが、女詩人の歩いたあとには死人が倒れている。

一文物語365 挿絵 倒れた人々

8

喧騒を逃れて何もしない、とその場に寝転んだ女は、空虚な時間に耐え切れず、針で指先を突っついている。

一文物語365 挿絵 血

9

氷の板に目が貼りついて、恐怖ではがせない。

一文物語365 挿絵 氷の板

10

余分な脂を削ぎ落として、骸骨がすっきりとした顔で湯釜から上がってきた。

一文物語365 挿絵 湯釜

11

あ、そのバナナを踏むと、食べれなくなります。

一文物語365 挿絵 靴

12

時々いなくなる隣の女性社員は、緑臭が充満する山を駆け回り、谷間を流れるさわやかな川を飛び越え、くすぶる炭の上の釜ゆげを想起させるスプレーをビルの上からまいている。

一文物語365 挿絵 スプレー

13

少女は暖炉の前で、使い切って空になった色えんぴつのケースに、ほとんど使っていない白えんぴつの隣に骨をきれいに並べ入れる。

一文物語365 挿絵 骨

14

晴れた日にボルトがひとつおちてきて、空がおちてきた。

一文物語365 挿絵 ネジ

15

一人の犠牲が世界を救うという神の言葉に誰も名乗りを上げず、世界の滅びを人類が受け入れたことに感銘を受けた神が命を捧げた。

16

その後日談として、神への祈りが届かなくなった。

一文物語365 挿絵 手合わせ

17

世界のはしっこを探しに大海原の隅っこまで航海してきたが、彼の船は海から落ちそうになっている。

一文物語365 挿絵 世界の端

18

病院の霊安室から続くその列をたどって行くと、手術室へと到着し、ちょうど過労死した医師が運ばれていくところで、列はさらに診察室、駅、家、社会へとつながり、閻魔大王の前にたどり着くと、君も並ぶようにと審判を下されて、分娩室で産声をあげることになった。

一文物語365 挿絵 ハンマー

19

褒めると伸びるタイプだというやつを褒め続けたら、とろけていなくなった。

一文物語365 挿絵 とろける

20

人を題材にした絵本シリーズを描き終えた作家は、金魚の物語を描き始め、一匹描くごとに水槽の中にいる金魚がいなくなっていく。

一文物語365 挿絵 水槽

21

心の中で警報音が鳴り止まない彼女は、部屋どころか布団から出ることすらできないが、音を聞きつけて見知らぬヒーローが助けに来てくれることを想像している。

一文物語365 挿絵 警報灯

22

ひからびつつある海の底でクジラがのたうちまわり、とうとう羽を生やしてしまった。

一文物語365 挿絵 羽

23

女性がトイレの個室で困って泣いていると、隣の壁から黄ばんでカピカピの包帯がするすると降りてきて、よかったらこれを使ってと、ミイラの優しさにさらに涙が止まらなくなった。

一文物語365 挿絵 ミイラの包帯

24

草刈機は陽気に死の宣告をハミングしている。

一文物語365 挿絵 草刈り機

25

崖の先に一人分だけの柵があり、誰もその柵をよけることができない。

一文物語365 挿絵 崖

26

名前を隠したい、消したい人が、名前を必要としない星に行ったら、全員同じ顔だった。

一文物語365 挿絵 顔

27

人が地に足をつけず宙に浮かんで移動し、靴の概念がなくなった時代のオートメーション化された工場の片隅で、わらじが発見され、二足歩行原始人のタイムスリップが雲ノ都市で話題になっている。

一文物語365 挿絵 わらじ

28

若くして妻を失った作家は、次第に話す言葉が減っていく一方で、どんどん綴る文字数が増えて、終いには無口となってしまい、字面がうるさくなった。

一文物語365 挿絵 巻物

29

心からの叫びをまとめた本に耳を当てた。

一文物語365 挿絵 本

30

く、苦しいと、体内から鋭利な刃物の叫び声が聞こえる。

一文物語365 挿絵 刃物

31

渡り鳥が空飛ぶクジラに追いかけられて、SOS編隊で宇宙幻想ケモノ警察に助けを求めている。

一文物語365 挿絵 SOS
あわせて読みたい
一文物語365 2016年6月集
一文物語365 2016年6月集【一文物語】1深海で遭難して何モノかに助けられた潜水士は、その礼として真っ暗な世界に新たな時代の幕開けを願い、火を届けに行ったら、海底火山の噴火で華やかに迎え...

一文物語365の本

2016年5月の一文物語は、手製本「雲」に収録されています。

あわせて読みたい
手製本「一文物語365 雲」
手製本「一文物語365 雲」本作「雲」は、2016年5月〜8月の4ヶ月分の一文物語集です。一文で完結する物語。――それは、たった一文だけで広がる想像の世界クスリと笑えるものからシュールなものまで...
あわせて読みたい
手製本「一文物語365 二〇一六年集 星雲海」
手製本「一文物語365 二〇一六年集 星雲海」本作「二〇一六年集 星雲海」は、 2016年1月1日〜12月31日の1年間分を一冊に詰め込んだ一文物語集です。一文で完結する物語。――それは、たった一文だけで広がる想像の世...
あわせて読みたい
一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百
一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百2013年から2017年の一文物語ベストセレクション。約1,700本の中から珠玉の100の一文物語を収めています。【一文物語集 一行一輝選】一文で完結する物語集――それは、たっ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!