アイデアは「どこから持ってきたかは大事じゃない。どこに向けて使うのかが大事なんだ」

メガネ越しの街並み

毎日ひとつ作っている一文物語は、2018年6月末で5年を迎えます。

イベントに出て、毎日作ってますと言うと、アイデアは尽きないのか、時々聞かれることがあります。

アイデアは、常に枯渇状態で、そこからいかにひねり出すかの繰り返しです。

でも、アイデアは、常にどこからでも盗み放題であると思っています。

アイデアは、どこにでもある

道を歩いていても、一文物語に使えることはないか、創作のアイデアになることはないか、とアンテナを張っています。

テレビを見ていても、隣の人の会話であろうと、読んでいる本であろうと、映画であろうと、アイデアになるきっかけはどこにでもあると思っています。

アイデアのストックが尽きてからの方が、本当の勝負です。でも、その方がいいアイデアが浮かんだり、見つかったりします。

ただ、いいなと思ったそれを、使おうと思ったときに気をつけていることがあります。

どこに向けて使うのか

アイデアは、

どこから持ってきたかは大事じゃない。

どこに向けて使うのかが大事なんだ。

ジャン=リュック・ゴダール

アイデアを何かから盗んでも、そのまま使っては意味はありません。

自分というフィルターを通して、自分が届けるべき方向に向けて使います。

アイデアを盗んで使うとパクリだと言われますが、しかるべき方向に向けて、使うことで盗んだアイデアは、自ずと別の形に生まれ変わると思っています。

私は、この考え方を盗んだ

本「PLAY・JOB 」著ポール・アーデン

Amazon商品ページへ

英国のクリエイター・ポール・アーデンの本から、私はこの考えたを盗すみました。

この本は、自己啓発本の一つではあるが、具体的にこうすれば、どうなるということは書かれていません。

しかし、「常識はずれな行動の重要性を説明している」本だと序文に書かれていて、いかに行動するかを学べる本です。

関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。