9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

WordPress新エディターGutenbergを試したら、1度、保存エラーになってアクセスできなくなって、焦った!

Wordpress新エディターGutenberg入力画面

WordPress4.9.8になって、時期5.0に標準搭載される新エディターが試せる通知が来ていました。

以前から、新しくなるのは知っていたので、プラグインをインストールしてみました。

エディターが、立ち上がったものの、自動保存が上手く働かず、ページ遷移ができなくなりました。

新エディターの不具合?

おかしいなと、少し焦り出したところで、投稿一覧ページをクリック。移動できず、セキュアではないページにアクセスしようとしている警告が出てしまう。

ついには、ログアウトもできない状態。

ブログのトップページすら、アクセスできない状態となりました。もう焦りまくりです。

ブラウザからは操作できなくなってしまいました。

サーバー障害?

取り急ぎ、インストールしたプラグインを外せば、大丈夫かもしれないと思ったので、FTPを接続。

しかし、そのFTPも接続できず。もしかして、サーバー障害かもしれないと思い始めました。

だがしかし、私がデータが置いてあるサーバーに障害情報は載っておらず。ただ、近くのサーバーで障害があったので、その流れで私のサーバーも障害になってしまっているのかと思いましたが、そうでもなかった。

結局、一時的なエラーだった?

30分ほど、サーバーの障害情報を見たりして、放置して置いたら、ログインできるようになっていました。

具体的なエラー理由はわからないのですが、時期バージョンで正式実装されるものなので、細かな不具合があったのかもしれません。

新エディターGutenbergは、書きやすいエディターかも?

この記事は、エラーから復帰した新エディターで書いています。自動保存もバンバンされていきます。

入力具合も軽いです。まだ、テキスト設定などメニューがどこにあるか全部把握できていませんが、オンラインでも入力しやすいエディターだなと感じました。

普段は、ローカルにテキストエディターで、原稿を管理しているで、新エディターでの記事入力が新鮮に感じられています。

エラーがまた出るかもしれないけど、少しずつ慣れていこうかと思います。

Wordpress新エディターGutenberg入力画面



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。