2018年1月冬放送スタートテレビアニメ第1話の感想

冬アニメ2018年1月放送スタート第1話

2017年は、あまりアニメを見ることができませんでしたが、今年はしっかり見て行きたいと宣言。

1月スタートのアニメが始まり、見たいアニメの第1話放送が終わりました。

見た直後に感想をTwitter(@kazuki_mizuc)にアップしていました。

第1話の感想をそれぞれまとめています。
中でも、3作品は面白いなと思いました。

  • 恋は雨上がりのように
  • ハクメイとミコチ
  • ダーリン・イン・ザ・フランキス

目次

第1話の感想-2018年1月冬放送スタートテレビアニメ

グランクレスト戦記

アニメ「グランクレスト戦記」

アニメ「グランクレスト戦記」

冒頭の壮大な魔法表現は良かった。原作小説では、どんな表現しているんだろうと思ったら、1行ほどの描写だった。

絵で見る面白さもあるなと思ったが、原作を読んでいくとアニメで見るよりはるかに引き込まれた。

刻刻

アニメ「刻刻」

アニメ「刻刻」

オープニング映像の色と文字を中心に作られていて斬新だった。

音楽担当は、未知瑠さんだ。どんな音楽になるのか気になる。作品のテイストを考えると、暗めになりそうだけど、今後どんな音楽の表情を見せてくれるだろうか。

物語は、次回が気になるところで終わったので、続きが見たい。

りゅうおうのおしごと!

アニメ「りゅうおうのおしごと!」

アニメ「りゅうおうのおしごと!」

将棋と少女のギャップがすごい。また、少女の声が完璧すぎる。これがラノベ将棋なのか。

将棋アニメだけに、将棋の駒と盤のCGがさりげなくすごい。

キャラクターそれぞれ個性的な分、動かない将棋の盤の重みが画面から感じられる。

今後の展開が気になるので、これは原作小説を読みたいなと思った。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

話も映像も重厚だった。建物内部の背景がしっかり描かれすぎだった。全体的に線も多かったが、カメラレンズに映る空気感もあってよかった。

しかし、自動手記人形サービスという名前が、しっくりこなかった。

今後の展開で、納得できるかもしれない。

恋は雨上がりのように

アニメ「恋は雨上がりのように」

アニメ「恋は雨上がりのように」

WIT STUDIOの落ち着いた演出に安心感を持ちつつ、じっくり作品を味わえた。

主人公の目と、女性キャラクターのトキメキを描くきらきら演出が素敵。
作品に引き込ませてくれた。

作品のテイストが何かに似ていると思ったら、新海誠監督の「言の葉の庭」。雨だからかな。

だがしかし2

アニメ「だがしかし2」

アニメ「だがしかし2」

2期になって制作会社が変わリ、キャラデザが原作寄りになったように感じた。1期のデザインが好きだったが、見ていれば慣れる。

でも、正直、全体的には1期の感じが良かった。尺が15分になった分、テンポが詰まった感じがした。

漫画原作のテンポは、こっちなのかもしれないが、1期の十分に間を取ったり、余韻をしっかり残す作りが好きだった。

ハクメイとミコチ

アニメ「ハクメイとミコチ」

アニメ「ハクメイとミコチ」

ファンタジー作品であるにも関わらず、セリフがセリフしておらず、日常会話続きで自然なのが好き。

絵の色づかいも暖かみがあって安心して見ることができる。絵自体も細かく描かれているし、セリフが多くても見ていて飽きがこなかった。

あと画面構図がイイと思った。キャラが丸くて頭でっかちで、小人世界のお話なので、物との対比が難しいはず。

しっかりレイアウトされているから、違和感がない。それが、安心感につながっていると思う。

BEATLESS

アニメ「BEATLESS」

アニメ「BEATLESS」

物語は、今後展開されるとして、未来の社会が垣間見えて考えさせられた。

人型ロボットが労働して、ほとんどが機械で自動化されていること。
象徴的なシーンだったのは、スーパーの会計が無人なこと。

SFのテーマではよくあるお話であるが、時代が進む連れて、それらがリアリティーを増してくる。

現代人が未来に向かって、どう生きるのか一つの形が見えるアニメだと思う。さらに広域の世間が見てみたいと思った。

ダーリン・イン・ザ・フランキス

アニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」

アニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」

いわゆるロボットモノ。

ぱっと見、船やエスカレーター、機械などを描くCGが新劇場版のエヴァっぽかった。CG担当かスタジオカラーだったから当然かもしれない。
カラー制作アニメ「龍の歯医者」のルック感。

キャラクターにトリガーらしい作画演出、アクションを期待していました。その辺りが1話では少なかった。でも、ロボットの戦闘や爆発や煙などエフェクト作画は、見ていて面白かった。

継続視聴作品

3月のライオン

アニメ「3月のライオン」

3月のライオン

第12話は、いじめの話真っ只中。アニメーションならではの闇が出ていた。

色と動きがつくと躍動感が出るかと思いきや、こうも空気が張り付くように粘っこく重い。

 

良いアニメライフを!

関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。