樹木たちの知られざる生活 by ペーター・ヴォールレーベン を読んで、森や樹木の知られていない生き方の奥深さが面白い!

2019 7/27
樹木たちの知られざる生活 by ペーター・ヴォールレーベン を読んで、森や樹木の知られていない生き方の奥深さが面白い!

この本と出会えて良かった!

書いている小説で森が舞台となるシーンが出てきます。森、もしくは木を使ったアイデアが必要でした。

頭の片隅にそう思いながら、本屋さんで本作が目の前に現れて、表紙を見た瞬間にコレだと思った本なのです。

「樹木たちの知られざる生活」が書かれていて、一瞬で、知りたくなりました。

樹木たちの生き方は、とても静かで奥深く、しかし、大胆であると知って、最後まで面白く読むことができました。

[wp_contents_outline post_id=”10039″ selector=”.c-entry__content” headings=”h2,h3,h4″ move_to_before_1st_heading=”true”]
目次

面白い語り口

目次を見てみると、

  • 友情
  • 木の言葉
  • 社会福祉
  • 愛の営み
  • 木の宝くじ
  • ゆっくり、ゆったり
  • 木の作法

と、36もの章にまたがって樹木について書かれています。

小難しい科学的な専門用語は、とても少なく、あっても、丁寧に説明がされています。

章タイトルでも分かる通り、樹木の世界を人間社会に例えた語り口になっています。

そのため、樹木の生活がとても想像しやすかったです。

樹木は友情で結ばれている

樹木は、1本1本孤立して、一人で生きていると思っていました。

しかし、土の下で根を広げ、弱った樹木には栄養を送っているというのです。

切り株が死なずにいるのは、必要な栄養素を周囲の樹木からもらっているからと言います。

樹木たちは、弱った木を助け、周囲のことを考えながら生きているのです。

それは、自分たちが生きやくするためなのだそうです。森で、木1本だけでは、天候の変化から自分を守ることができません。

バランスのとれた環境を作るために、木が手助けし合い、生態系を自分たちで作り出していました。

良い環境であれば、それぞれが長生きできるのです。

木はコミュニケーションをとっている

樹木たちは声を出さないが、互いに伝える手段を持っていました。

1つは香り。

ある樹木は、葉を食べに来た草食動物を追い払うために、警告ガスを放ちます。

風に流れて、それを感じ取った木々は、葉に有毒物質を溜めます。動物に食べられないことを伝えるためです。

そうして、草食動物を自分の木から遠ざけているというのです。

また、電気信号を使って、やりとりもしています。

土の中に張り巡らせた根が、周りの木と地中で接して、繋がっているのです。

てっきり樹木は、1本1本単体で生きていると思ったら違っているので、とても驚きました。

森があることで、内陸に水が運ばれる

水は、山から地面を流れて海へ行き、雲ができて、雨が降って……繰り返されます。

しかし、雲は海からせいぜい数百キロで消えてしまうのです。当然、雨が降れば雲は消えてしまいます。

それでは、大陸の内陸部まで進むことはできないはずです。

森が、海から内陸部まで続いていることで、雲を発生させています。

降った雨を葉が受け止めて、乾けば蒸発します。木は地面から水分を吸い上げて、呼吸して放出します。やがてこれが雲となり、内陸へ続く森で繰り返し行われます。

一連の流れが、繰り返されることで、内陸部でも雨が降って、水が運ばれることを初めて知りました。

樹木の果たす役割がとても重要なのだと改めて気づきました。

まとめ

ここまで紹介したことや、本書に書かれていたことは、全く知らないことばかりでした。

樹木の生活や生き方、奥深さが読んでいて、とても面白かったです。

これらのことを知って、森に行くことで、違った視点で樹木の世界を見ることができます。

正直、樹木はただ立って生きているだけかと思っていましたが、想像もしない奥深い生き方をしていて、勉強になり、最後まで楽しく読むことができました。

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次