「水」に関する本を読んで、おもしろかった6冊

水に関する本の写真

「水」をテーマにした小説を書くため、資料として読んでおもしろかった6冊をご紹介。

「水」に関する本って、いろいろな数値的な化学的な本や水ビジネス、水危機と言ったテーマが多く、知りたいことが載っている本を探すのに手間取った。

なんとか見つけて、なるほど、と読んで良かった。知らないことも多かった。

ファンタジックなタイトルもありますが、水が、人と切っても切れないものとあって、教訓のようなお話にもなるのだと思います。

紹介作品一覧

 

水の歴史(「食」の図書館)

身近な水に関して、深く考えたこともなかった。特に現代の日本に住んでいると、「水」も空気のような存在だし、昔から飲めるのが当たり前だと思っていた。

特に知りたかったのは、「水の歴史」。
昔から普通に飲まれていたのか? 世界は、水のことをどう思っていたのかが分かる本。

 

みずものがたり―水をめぐる7の話

地球上にある水の約97%は海などの塩水。残りの3%の淡水。さらにそこから飲水に利用しているのは、地球全体からほんのわずかなのだそうだ。

そんな水の流れを追う。

 

ゼロから理解する 水の基本: 水の安全と環境、ビジネス最前線まで (すぐわかるすごくわかる!)

知っているようで知らなかった水のこと。日本がどうして水に恵まれているのか。水道水の今、ミネラルウォーターの定義、水との生活など、まとめられていて広く浅く「水」について知ることができる本。

 

アンダーアース・アンダーウォーター: 地中・水中図絵 (児童書)

地面と海の中をすてきなイラストでわかる本。

まるで地中を掘り進んで行くかのようなページ構成で、めくればめくるほど地球の内部へ。中心を突き抜けると、反対側の海を上がっていくのが面白い。

もちろん、逆からも読むことができる。
海底や潜水艦のことも描かれている。

ただ、本がデカイ!
28cm x 38cm 厚さは2cmもある。

 

海と山のピアノ 著:いしいしんじ

水が出てくる9つの短編小説。

水はもとより、作者の比喩表現や不思議な物語につかまれる。

どのお話も世界観が違い、水の表現がとても参考になった。

 

妖精図鑑―海と草原の精

八百万の神ではないが、妖精もいたるところにいるようだ。

人より自然に密接して生活している妖精が生まれるのは、自然に対する教訓なのではないのかと考えさせられる。

愉快なところ、おちょっこちょいなところ、怖いところを素敵なイラストと文で描かれている。このシリーズに「水の精」というのがあるだが、なかなか売っておらず、もう手にするのは難しそう。

 

まとめ

「水」とひとくちに言っても、いろんな顔があることを知った。

まだまだ知らないこともありますが、人がなくても生きていけない。水がなければ、人も存在しなかったのか。

命でもあり、ロマンをも提供してくれる水に感謝して、正しく使っていきたい。

水に関する本の写真



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。