第二十四回文学フリマ東京を終えた。応援の言葉をたくさんいただいた!

第二十四回文学フリマ東京 一文物語365 ブースディスプレイ

ちょうど一年前の文学フリマ東京が初参加で、今回のイベントで4回目となった。

ブースの設置は、もう慣れたものだ。

第二十四回文学フリマ東京 一文物語365 ブースディスプレイ全体

自分の中で、ひとつの型・スタイルが見つかってからは、ブースのディスプレイを考えるのが楽しくなった。
違うイベントのブースを参考にしたり、お客さんの反応を見て、あーしてみよう、こーしてみようと試しながら、かつ自分が楽しみながらディスプレイしている。

応援の言葉

今回の文フリ東京では、ブースに来てくださった方々に、たくさん応援の言葉をかけていただきました。

「応援しています!」「頑張ってください!」

たった一言だったとしても、言われることはとても励みになります。本当に好きでやっていることを応援してもらえるのが、とても嬉しかった!

ブース前で立ち止まってくれて、はん・ぶんこという手製本を手に取ってもらえただけでも、嬉しくなる。(実は、はん・ぶんこという手製本の普及を企ている!)
こんな手製本もあるのか、と思ってくれるだけでも良かったなと思っています。

こちらとしては、Twitterを始め、FacebookなどいくつかのSNSで一文物語の作品を読んでもらえているだけでも、嬉しい。いいね、などをいただけた時には、素敵なご褒美をいただいた気分になります!

SNSで一文物語を知って、イベントに来てくださって実際に会うことができたり、その場で猛烈に楽しんでくれたりと、予想しないことが多く起こりました。

楽しんでもらえていただけているだけでも嬉しいのに、イベントで声をかけていただき、その場で好きという情熱を自分にも分けてもらった感じでした!

これからも続けていこうという力になりました。

今回のイベントでは、いつも以上に大きな力をいただくことができました!ありがとうございました!

これからの一文物語は……

基本は、一文で完結する物語を毎日作っていくことは変わりません。

毎日、一文物語を作る時間にならないと、どんな一文物語ができるか自分でもわからないので、そこが楽しみでもあります。

作品数も1400本を越え、だいぶたまったので、違った形で見せたいなと思い始めているところです。
カテゴリーやテーマごとにまとめて本にしてみようかなと思ったりしています。
そのひとつひとつは、薄めの本にして、手に取りやすくしてみようかなとか。

また、Web上でも違った見せ方をしたいと考えている。
文学として字を読むことは、Webも本という形が変わっただけで、Web的な文学表現がまだ薄いように感じている。
Web上での文学表現もしていきたいと考えています。

 

3年も続いて、もう無理だと思いつつも、新しい何かを試みたいとわくわくさせる一文物語。
イベントを終えて、まだまだやりたいことはある。そして、やっていきたいと思わせてくれたイベントでした。

次は、2017年11月の文学フリマ東京に出店するつもりです。

第二十四回文学フリマ東京 一文物語365 ブースディスプレイ
第二十四回文学フリマ東京 一文物語365 ブースディスプレイ




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。