フリーペーパー「sin文紙 vol.44 色づく紅葉の季節かな」by 紙男 を読んで、様々な発想を楽しめる面白い超短編ばかり! [第二十九回文学フリマ東京戦利品]

2019 11/28
フリーペーパー「sin文紙 vol.44  色づく紅葉の季節かな」by 紙男 を読んで、様々な発想を楽しめる面白い超短編ばかり! [第二十九回文学フリマ東京戦利品]

2019年11月24日に開催された文学フリマ東京。

そこで入手したアイテムをご紹介。紙男さんが定期的に発行している超短編のフリーペーパーです。

ツイッターノベルや超短編、短編小説作品を手掛ける作家さん。

コラボ作品も作らせてもらい、いつも刺激をいただいています。

11月に発行されたフリーペーパーの作品をご紹介します。

目次

sin文紙 vol.44 色づく紅葉の季節かな

sin文紙 色づく紅葉の季節かな(フリーペーバー)by 紙男さんの表

紅葉をテーマに、7つの超短編作品が載っています。

紅葉の木の下での出来事や、イチョウの木をイメージさせる妖精の話、カナダの国旗を切り口にしたお話もありました。

7つどれも違った紅葉から発想された切り口の作品で、どれも味わい深かったです。

「楓の下で逢いましょう」

紅葉も年1回で、男女が毎年、この木の下で待ち人を待つ。

しかし、互いに互いが待ち人であると、知っている。その場を大切な思い出として大事にしておきたいという。

これだけの短い内容ですが、詳細な風景の描写があるわけでもなく、否応なく場面が想像される。

互いに気持ちを知っているはずなのに、1年に一度ここで会うのだろうか。

なぜ、気持ちを伝えないのか、いろいろ想像するも、最後は、むず痒さを感じてしまった。

まとめ

sin文紙 色づく紅葉の季節かな(フリーペーバー)by 紙男さんの裏

裏面にも、表の6編よりも少し長い物語がありました。

表の雰囲気とは違って、少しダークでありながら、生命とは何かを問うことを読んでいるようでした。

紙男さんは、フリーペーパーだけでなく、毎日ツイッターで短い物語もアップしています。

手軽に読める内容ですが、一つ一つアイデアが組み込まれていて、面白い作品ばかりです。

紙男さんのTwitter:@paperman104

あわせて読みたい
第29回文学フリマ東京 入手アイテム一覧(感想目次)
第29回文学フリマ東京 入手アイテム一覧(感想目次)2019年11月24日に開催された文学フリマ東京に行ってきました。今回は、私は出店しなかったので、お客さんとしてイベントを見てきました。出店していると、なかなか会場...

紙男さんの小説作品の感想記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次