一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡」の入るBOX作りを始めた!-創作日誌

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡」BOXの型紙

2019年2月5日の手製本の入る箱創作日誌。

手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下」

一文物語の手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡 下巻」の量産を終え、次は、BOX作り。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡上中下巻

2018年1年間分を収めた手製本上中下巻3冊の入る箱を作ります。

2017年のBOXも作り、今年も一つにまとめられる箱を作っていきます。

今日は、型紙を作りました。

サイズを計算して、プリント

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡」BOXの型紙をプリントしたところ

シールになっている用紙にプリントアウト。

厚紙に貼って、線に沿って切り抜きます。

型紙

一文物語手製本「ポケットに入る宇宙の万華鏡」BOXの型紙

型紙が出来上がりました。

ひとつだけ箱を作るなら、このまま作ってしまってもいいのですが、いくつか箱を作るので、型紙を作りました。

この型紙の縁に沿って、厚紙を切り抜いていきます。

今日は、ここまで。

出来上がりは、こんな感じ。

一文物語365飛天舞BOX
一文物語365 飛天舞 BOX 2017年1年間分

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。