第二十五回文学フリマ東京に出店します!

2017年11月23日(木・祝)に開催される文学フリマ東京に出店します!一文物語はもちろん、その他に、新時代Web文学表現研究や手製本、小説に関することを展開していきます!詳細はこちらから。

厚紙を楽に上手く折るコツ

厚紙を折っているところ

厚紙を折るのは大変で、なかなかきれいに折れなかったりします。

厚紙の厚さにもよりますが、折る前に2つのことを行うと、楽に上手く折ることができるようになります。

目次

楽に上手く折る2つのポイント

  1. 先に折り目をつける
  2. 折る時は、中央から

この2つのポイントを踏まえることで、簡単に厚紙を楽にきれいに折ることができます。

折り目をつける

ポイントは、折りたい位置に折り目を先に入れておくと、簡単にその位置で折りやすくなります。

折り目をつける道具

ヘラ

ヘラ

私は、先があまり尖っていないプラスチック製のヘラを使用しています。
青いヘラは、ダイソーで買った3サイズセットのもの。

下の白いヘラは、東急ハンズの製本コーナーにあったプラスチック製のヘラ。

ヘラの先

厚紙を傷つけなければ、角が尖っていない定規でも良いです。
先が玉状の鉄筆などでも、良いと思います。

スライドカッター ハンブンコ

スライドカッター・ハンブンコと厚紙 スライドカッター・ハンブンコの折り目カートリッジ

1、2枚だったら、定規で測ってヘラで折り目を入れるのは良いのですが、何十枚もあると一枚一枚やるのは大変です。

プラスの裁断機スライドカッター・ハンブンコを使うと簡単に、折り目を入れることができます。

スライドカッターではありますが、刃を変えることで、折れ目の線を入れることができます。

もちろん、いちいち定規で位置を測らなくても、中央に折り目を入れることができるんです。このハンブンコならね!

ついた折り目

厚紙に折り目の入ったところ

線が入ったように、折り目をつけられました。

折る際の手順とポイント

中央を先に折る

厚紙を折っているところ

角を重ね合わせたら、折り目の中央からしっかり折っていきます。

先に入れた折り目に沿って、山が簡単に潰れてくれます。

ヘラを使用して、厚紙を折っているところ

指で折っても良いですが、ヘラを使って折ると、しっかり力が入れることができます。

ヘラを使用して、厚紙を折っているところ

中央から上と下へ、ヘラを動かしてしっかり折ります。

厚紙を折ったところ

 

新作手製本 一文物語365 2016年集の表紙用の厚紙

きれいに折ることができました。

まとめ

厚紙を楽に上手く折るポイントは、

  1. 先に折り目をつける
  2. 折る時は、中央から

折り目を先につけておくだけでも、だいぶ楽に折ることができます。

また、ヘラなどを道具を使うことで、折り目にしっかりと力が加わり、指で折る時よりしっかり押し曲げられます。

何枚も折る場合は、道具を上手く使うことで必要以上に力をいれず効率的に作業を進めることができます。

厚紙を折るときは、折り目を先に入れると楽に折れる

2017.04.17
厚紙を折っているところ




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。