手製本を作る際、私が使用している使い勝手のいい糊「のりボンド」

フエキのりとボンドと刷毛

1冊、2冊、手製本を作るくらいなら、市販のスティックのりでもいい。

10冊、20冊作ったり、A5・B6サイズくらいの文庫本より大きな本になると、スティック糊では効率が悪かったり、しっかり貼り付けられなかったりする。

そこで、私は手製本界隈で使用されている?「のりボンド」というものを使って、厚紙と表紙の紙を貼り付けなどをしている。

目次

「のりボンド」の良さ

手製本制作の際は、糊はこの「のりボンド」しか使っていない。

というくらい使い勝手としっかりとした強度が出るのり。

紙にのりを塗る伸び具合もいい。

貼り間違えた時も、のりを塗った直後なら簡単にはがせる。

ただし、一般には販売されている糊ではないので、自分で作る必要がある。

でも、とても簡単に作れます!

私は、「のりボンド」の作り方をこの本で知りました。

ヨンネさんの「はじめて手でつくる本」

この本で、のりボンドの作り方が書いてあります。
これ以外にも、いろんな手製本の作り方、見栄えする糸のかがり方などが紹介されています。

本屋さんで見つけたときは、迷うことなく購入しちゃいました。

用意するもの

フエキのりとボンドとヘラと刷毛
  • フエキのり
  • ボンド
  • 容器
  • ヘラ

フエキのり

黄色いパッケージが特徴的なフエキのり。
以前、これ以外の糊を使ったら、あまりいいのりにはならなかったです。

ボンド

ごく普通の木工用ボンド。

作り方

容器にフエキのりを入れたところ

フエキのりを使用する分、容器に出します。

先に紹介した本には、大量に作りおきする内容で紹介されていますが、私は頻繁に使うことがないので、製本時に使用する分だけ作っています。

フエキのりに水を加えたところ

水を少量加え、ヘラで混ぜ合わせていきます。
たくさん水を入れると玉になるので、少しずつ。

フエキのりに水を馴染ませていくようにします。

フエキのりと水を混ぜ合わせる

馴染んだら、また水を少量くわえて、混ぜます。

馴染むとフエキのりが少しずつ柔らかくなっていきます。

フエキのりの垂れ具合

混ぜ合わせたフエキのりが、ヘラから、スーッと落ちていくくらいになるのが目安。

とろけたチーズが垂れるときよりも、水っぽい印象です。

フエキのりにボンドを加えたところ

次にボンドを混ぜます。
量は、フエキのり10に対して、ボンド1。

これは、ほとんど適当ですね。

フエキのりとボンドをかき混ぜたところ

しっかり混ぜて、のりボンドの出来上がり!
ボンドが混ざることでさらに白っぽくなります。

もし、水っぽかったりしたら、フエキのりを少し足すことも。
また、のりの強度を強めたいというときは、ボンドの量を増やしたりします。

これはどんな箇所に使用するか、で調整してみてください!

まとめ

初めて作るとは、不安ですが、一度のりボンドを作って、紙を貼ってみると手放せなくなるのりとなりました。

また、しっかりプレスして乾燥させることで、仕上がりの見栄えもより美しく見えます。

手製本の制作の際には、お手製のりで、素敵な本を仕上げてみてはいかがでしょうか。

なめらか刷毛

あと、のりを塗るときの刷毛は、これを使っています。

この刷毛は、先が化学繊維で、束ねているモノもプラスチック製なので、錆びることもありません。

これはとても使いやすい!
刷毛を使うことで、時間短縮、塗る作業も効率よくできます!

近くのホームセンターを探したのですが、置いてありませんでした。

手製本に関するお仕事やスクールなどをされているまるみず組で購入。

材料や道具もオンラインショップで販売していたので、こちらで購入させていただきました。

まるみず組 Webサイト
http://www.marumizu.net/site/

MARUMIZU-GUMI オンラインショップ
http://marumizu.ocnk.net/product/314
(2017年3月14日時点で、刷毛は品切れ中)

フエキのりとボンドと刷毛




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。