糸かがり手製本はん・ぶんこ「一文物語365 天」表紙作り

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙

一文物語365の糸かがり手製本はん・ぶんこシリーズの表紙は、パソコン上でデザインしてOA和紙にプリントアウトしています。

プリントアウトして、切り抜いた表紙厚紙を貼るのりも手作りしていて、全て自宅にて作れる形にしています。

目次

表紙デザイン

糸かがり手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙デザイン

表紙のマークをIllustratorで、大きさや位置を合わせなが作ります。

糸かがり手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙デザイン

切り抜きを考慮して作った表紙用のテンプレートに、背景素材やタイトルテキストを配置します。そして、Illustratorで作ったマークも配置します。

色を調整しながら、何度かテストプリントを繰り返します。

プリント

プリントは、家庭用のインクジェットプリンターで印刷します。

プリントに使用する紙は、OA和紙を使用しています。

一文物語365 天の表紙をプリント

実際に、プリントしたもの。A4用紙1枚に、表紙と裏表紙を1枚ずつプリントできます。

羽のような繊維が入っているので、光の加減で表紙の表情が変わります。

一文物語365 天の表紙寄り

切り抜き用のガイドを入れた状態で、プリントします。

一文物語365 天の表紙をプリントした裏側

裏面には、厚紙を貼るためのガイド線をこの時点で、あらかじめ引いて置きます。
裏返すと、透けるので鉛筆で線を引きます。

切り抜き

新作はん・ぶんこ 一文物語365 天の表紙切り抜き

四隅の斜め線とトンボに合わせてカットします。

新作はん・ぶんこ 一文物語365 天の表紙切り抜き

表紙と裏表紙の切り抜きができました。

厚紙を貼る

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙に厚紙を貼る

厚紙は、あらかじめ折っておきます。糊は、すぐの貼り直しがきく使い勝手のいい糊ボンドを自分で作って使用しています。

[kanren postid=”3645″]

[kanren postid=”701″]

一文物語365 天の表紙の厚紙

厚紙の片面に糊を塗ります。

一文物語365 天の表紙に厚紙を貼る

表の裏面に引いたガイド線に合わせて、厚紙を貼り合わせます。ヘラでしっかり押し当てます。

一文物語365 天の表紙に厚紙を貼る

背になる側ののりしろも一緒に、貼り合わせます。

一文物語365 天の表紙に厚紙を貼る

角っこは、爪の先で厚紙に沿って詰めておきます。こうしておくと、全てののりしろを折り返した時に綺麗な角が出来上がります。

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙に厚紙を貼る

厚紙を貼り合わせた表紙。丸1日ほどプレスして、しっかり乾かします。

糸かがり用の穴あけ

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙の穴

乾燥が終わり、表紙と厚紙がしっかり張り付いたら、糸を通すための穴を背表紙側に開けます。

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙

これで、表紙と裏表紙に穴を開けたら、表紙の完成です。

次は、出来上がった表紙と本文用紙を糸でかがる工程です。

[kanren postid=”3908″]

[kanren postid=”3863″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。