糸かがり手製本はん・ぶんこ「一文物語365 天」の糸かがり

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天 糸かがり道具一覧

糸かがり手製本のメイン工程、糸かがり。

糸かがりということもあり、糸は1本のみ。

表紙から、本文冊子、裏表紙までを途切れることなくかがっていきます。

ここでは、糸かがりの工程で使用する道具の紹介と、実際に糸でかがっているところをご紹介します。

目次

道具

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天 糸かがり道具一覧

糸と針があれば、基本的には問題ありません。

針は、先が尖っていない針を使います。紙を誤って刺してしまうので、クロスステッチ用の針を使用しています。

製本針もありますが、針の太さが少し太めなので、穴の広がりをおさえるため細めの針を使用。

また、冊子をおこえこむクリップや、糸用ワックスがあると、より制作がスムーズになります。

レース糸紫野

使用している糸は、レース糸。

横田株式会社のダルマ糸。#40の紫野という種類。
単色のものやグラデーション糸もあるので、どれを使うか迷います!

ダルマレース糸#40 紫野 | レース糸 | PRODUCTS | 横田株式会社-ダルマ糸製造元-

糸用ワックスThread Heaven

糸用ワックス–Thread Heaven。

手芸サイトなどを探して手に入れました。

糸用ワックスThread Heaven

指で糸を押さえて、糸を引っぱります。糸がワックスでコーティングされます。

ワックスをつけることで、絡まりが少なくなり、糸の保護にもなります。

糸かがり

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の表紙の糸かがり

表紙の外側の端から糸を入れ、内側を通って、反対の端から外へ糸を出します。

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の糸かがり

表紙と最初の本文の冊子をクリップで止めて、端の穴から糸を外から通してきます。

隣の穴に糸を引いて、その穴から外へ通して表紙に通した糸に引っ掛けて、また同じ穴から出てきます。

穴を通すたびに同じことを繰り返していきます。

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の糸かがり背表紙

背表紙側は、糸が編み込まれてチェーン模様が出来上がります。

新作手製本はん・ぶんこ一文物語365 天の糸かがり

表紙から裏表紙まで糸を通し終わると、本の形になりました。

次は、開いている表紙と裏表紙ののりしろを貼り付けて閉じる工程です。

この工程を終えると、完成です。

糸かがり手製本はん・ぶんこ「一文物語365 天」制作工程目次ページへ

[kanren postid=”3863″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。