漫画「地底旅行」は、宇宙旅行もしてみたいけど、地底旅行もしてみたくなる冒険漫画

地底旅行

未開拓の地、宇宙。昔から人は、宇宙を目指していた。

まだまだわからないことだらけだけど、想像をふくらませるようなロマンが、宇宙にはある。

そんな空ばかり見ていることが多いけど、地面の下ってどうなっているのか、あまりわからない。

もしかして、土の中にも世界が広がっているんじゃ……。

男心をくすぐるロマンが地底にも広がっていた!

冒険漫画『地底旅行』

2017年3月時点で3巻まで出ている。地底旅行は、謎解き・SF・ファンタジーが入り混じった冒険漫画だった。

3巻の終わりもいいところで終わってしまっているので、続きが早く読みたい!

最初は暗号文の解読から始まる。この暗号文の解読が地底に入る穴の入り口を示すのだが、ちょっと退屈だった。でも、これを乗り切れば地底旅行が始まる!

外界と遮断された世界で、主人公の葛藤がドキドキハラハラさせる。

圧迫巻を演出するモノローグ

洞窟の中の描写はいうまでもなく、現実にそこにいるかのような息苦しさすら感じさせるモノローグがこの漫画にはところどころ入る。

原作が小説ということもあるが、このモノローグがその場の登場人物の気持ちを上手く伝えていると感じた。

真っ暗な闇の中の自問自答、密閉された土の中での孤独、崩れるかもしれない天井……。

死と隣り合わせな緊張感を上手く演出している。

未開の地にワクワク

たびたび計算されて示される数値は、科学的にどうなのかわからないが、そこはファンタジーとして捉えつつも、誰も見たことのない解明されていない世界を歩く。

予測されていた地下の世界と、食い違う真実。

探検が進むと、深さはどのくらいで、地上でいえばどの辺りなのか。

空気はあるのか、水は、光は、ましてや生物はいるのか……。

今まで考えもしなかった自分の足元に、まさかと思えるような世界が本当にあるのか。

宇宙もいいけど、地底も行けるなら行ってみたいと思わせてくれた。

地底旅行




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。