手製本2016年集の残り1冊の糸かがりを終え、表紙を糊で閉じて完成した日-想造日誌

手製本一文物語365 2016年集 プレス

2017年9月27日の活動日誌。

MacをHigh Sierraにアップデートした。メインで使用している執筆エディターScrivenerは、無事動いてくれた。

だが、Finderに変わるファイル管理アプリ「Path Finder」というアプリケーションが立ち上がらなくなった。

最新版にアップデートしておけば、問題ないようだったが、古いバージョンのままHigh Sierraにすると動かなくなり、焦った。

でも、解決したのでこれもブログ記事にしたいと思う。

あと、Macの写真アプリの画像補正機能が、充実して良い。このくらい調整できれば、とても助かるね。

Story Works/執筆

一文物語365

[kanren postid=”3956″]

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

執筆はせず、進んでいない。

手製本制作

新作糸かがり手製本 一文物語365 2016年集

手製本一文物語365 2016年集 糸かがり10冊

手製本一文物語365 2016年集 プレス

最後の1冊の糸かがりを終え、表紙と裏表紙を糊で閉じる作業をした。

しっかりプレスして乾燥すれば、2016年集も完成である。

2016年集の前にはん・ぶんこを糸かがりした時に、つかんだコツが本作にも活かすことができた。以前にも増して、B6サイズの手製本も上手く作れた!

まとめ

糸ががりや糊付けする手製本作業中は、パソコンには触れないので、時間のかかるMacのアップデートをしていた。

我ながら、ナイスな平行作業ができた。

2016年集もようやく終わりが見え、ホッとしている。乾燥が終わったら、ブツ撮りをしてお披露目だ。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。