9/12〜10/7 Pinocchio展に参加します!

9月12日(水)〜10月7日(日)まで、東京・初台にあるMOTOYA Book・Cafe・Galleryにて、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、小説を出展します!詳細はこちらから。

ほぼ日手帳記事を2つ書いて、手製本ワークショップの準備が少し進んだ日-想造日誌

無印良品のしおりシール5本組とペンボルダー

2017年10月16日の活動日誌。

ほぼ日手帳を使い始めて、少しずつ自分の動きが見えるようになってきた。日次レビューや週次レビューをすることで、何ができて、何をしていきたいのかが具体的に見えてきているのだと思う。

昔に、単にブログを書けばいいとか、記録をつけろ、日記をつけろと頭ごなしに言われたことがあるが、説得力がなかった。自分で体感して、記録や数字に置き換える意味がわかってきた。

手製本ワークショップの日程と場所を決めた。明後日、木曜日に告知と申し込みを開始する。

告知用のページを作る予定でいる。

Story Works/執筆

一文物語365

水飲み場 執筆進行

「水飲み場」は、現在執筆している小説のコードネームです。

1箇所、話が出来上がっていない。新しく書き直しているところなのだが、まだうまくピースがはまらない。いや、ピースが見つかっていないのが正確。

もう少し時間をかけてみる。

ブログ

手帳に紐のしおりをつける記事は、番外編です。良いアイテムが見つけられて良かった。

まとめ

手帳を上手く使いながら、1日のスケジュールだけでなく、人生もデザインしていきたい!

無印良品のしおりシール5本組とペンボルダー



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。